いよいよ開幕です!

  • 2016.03.16 Wednesday
  • 18:57
こんばんは。
今週の土日はいよいよ今年最初のプロ戦であるJBマスターズシリーズ第1戦です。
私のメインはもちろんTOP50シリーズですが、マスターズも並行して出場します。
ここ数日冷え込みましたが、例にもれず、雪まで降った河口湖が最初の舞台。昨年はマスターズシリーズはエントリーしていなかったので、2年ぶりの3月の河口湖ということになります。
 今年は暖冬の影響で、2月からもぽろぽろと釣れていたようですが、やはり試合の時期には冷え込んで厳しくなります。
「釣れる試合になるんじゃないの?」などと思っても、そこはやはり3月なのでかなり厳しくなるのではないだろうかと考えています。
 ちなみに、3月の河口湖は結構好きで、2014、2013、2010と出場した年は3戦連続でバスをウェイイン出来ています。
特に2013、2014は2年連続の初日トップだったのですが、いずれも二日目にノーフィッシュで勝てなかった。これが非常に悔しくて今でも思い出したりします。
 ま、いずれにしても過去とは状況も違うでしょうから、直前プラでしっかり見て、感じたことを素直にやってみたいと思います。
あとは、千載一遇のバイトをモノにする集中力かな。
 今年は池原チャプターから始まったトーナメントですが、元旦からとても気合乗りしており、搾った身体も体調万全。後は機材的な準備が出来れば準備完了です。

 
そんな中、今朝チェックしたら全く動かないエアーポンプ。すでに3代目なんですが、、、シャシーが壊れていなかったのでメンテナンスしてみたら元気に動くようになりました。すごいな、F−0(エフゼロ)。接点改質剤としても結構高性能です。私の場合、エンジンのプラグコードにも使ったりします。クラスターダイヤさまさまです。
 今日は帰宅次第、Revo MGX 2500SHRevo PRM 2000SHバニッシュ・レボリューションを巻き替えします。
今年も河口湖でホールショット取りたい!そして、今年こそ勝ちたいと思います。
トレーラーのメンテナンスも完了し、ボートも万全。
明日夕方より河口湖に向かいます。

マスターズが終了する日曜日には帰ってきて、ジャベリン→ステーサー390レイカーにトレーラーを繋ぎ換え。タックル類の入れ替えをしてすぐに早明浦に出発です。
24日まで早明浦でTOP50のプリプラをして、帰って来てから今度はそのままレイカーで池原へ。初戦5位で終えたチャプター池原の第2戦。
今週来週はこのようなスケジュールで4月17日まではかなりの駆け足です。
また、明日にでもガイドスケジュールのご案内を出しますので、よろしくお願いいたします。
 

TOP50最終戦

  • 2015.09.21 Monday
  • 20:30
こんばんは。
今日の夕方にようやく自宅に帰ってきました。
今期のTOP50最終戦はご存じのとおり44位でした。
年間は少し下げて45位。

初日のランチングはこのように比較的穏やか。
しかし、公式プラ二日目(試合前日)が大荒れで、エンジンのペラが曲がり、エレキが故障…
本番は早野プロに予備のエレキをお借りしての出場となりました。早野プロにはとても感謝しています。
しかしこの水系は荒れると必ず何かが壊れますね。その辺を考慮してなるべく万全にして来てはいるのですが。

初日は3本。メインパターンはノーシンカーとドロップショット。
プリプラではディープクランクでワカサギを食っているバスも釣れたのですが、大増水で結局直前プラでエビ食いのバスに的を絞らざるを得ませんでした。
地形的要素としては、リーズの際とリーズから1mくらいまでの間にある杭や石。それと、沖のハードボトム。
リーズの根っこで釣れるのはサイズがさほど良くないなと感じていました。僅かに岸から離れた杭の方がサイズが良かった。
エリアは特にこことは決めずに釣れなければ移動を繰り返しました。
初日スタート後、すぐにリーズの根元で1本目。予想通り、さほど大きくない。
そこからが全く続かず、細かく移動を繰り返すも後手に回っている感じで、反応無し。
13:30を回ってから、エリアの要素を大きく変えるために30分ほど走って大きく移動。
その先で1投目にキロアップが来て起死回生。少ししてもう1本追加。
その後、いくつかバイトあったものの、ショートバイトに悩まされ終了。


わざわざ神奈川から応援に田辺さんが来てくれました。ありがとうございました。
昨年の河口湖でのイベントでご一緒させていただいただけですが、何とも不思議な縁です。

二日目は同じく会場からあまり離れていないリーズからスタートし、1投目ですぐにバイトがあるも乗らない。
同じスポットにもう一度入れてまた乗らず。そこで、ノーシンカーをベイトフィネスに変更してまたしつこく同じスポットに入れたらようやくキャッチ出来ました。ここのバスはミスバイトでもフックが掛りさえしなければ比較的口を使ってくれるようです。
その後、リーズ際でのバイトが無くなり杭にシフト。すぐに少しましなサイズが来て、幸先良く2本目。実はこの2本目のバスがボート際でワカサギを吐き(ウェイトが下がるので吐いて欲しくないのですが)、これが大きく時間をロスする原因となってしまいました。鰓にフックが当たって出血しましたが、これまた旧吉野川戦の時と同じくフィッシュプロテクトバッグとO2パワーで十分なケアをして、元気に復活。
 しかしながら、この2本目はかなり沖目の杭だったため迷う原因にもなりましたね。
それでも初日よりかなり良いペースなので、小移動して沖目のハードボトムでドロップショットの釣りでリミットを揃えに行こうとしたところ、これが4回入りなおしても釣れない。
そこで、初日にミスバイトが何度かあったエリアに大きく移動するも、これまたバイト無し。
仕方なく、終了間際に沖のハードボトムで粘り、14:56に450gをキャッチして今シーズン最後の試合が終わりました。

それぞれの試合を振り返るのは後日書くとして、今シーズンは「足を止めない」ということで、狭いエリアに拘ることなく、自由に大きく移動することをテーマとしていました。
上手く噛み合った試合もあれば、そうでもない試合もあり、尻すぼみ感のある最終戦となってしまいましたが、今後自分が成長するにあたって新たなテーマが出来ましたので、また止まらずに前に進みます。
1年間応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

ノーシンカー
ロッド:Abu DECIDER DRC-610M MGS
リール:Abu Revo ELITE8L
ライン:Berkley VANISH Revolution 14lbs

ノーシンカー(ベイトフィネス)
ロッド:Abu Fantasista STUDIOUS9 FSNC-69LS MGS
リール:Abu Revo MGX
ライン:Berkley VANISH Revolution 8lbs

ドロップショット
ロッド:Abu DECIDER DRS-62LS MGS
リール:Abu Revo PRM2000SH(来年発売予定のニューモデル!お楽しみに!
ライン:Berkley VANISH Revolution 3.5lbs

小森と遊ぼうin池原/チャプター池原最終戦

  • 2015.09.09 Wednesday
  • 18:49
こんばんは。
台風18号は大丈夫でしたか?
三重県は、避難準備が発令されたところもありましたが、思ったよりも影響が弱かったように感じます。
おかげさまで、何とか明日の「フィッシング・ポイント」の撮影は敢行出来そうです。

さて、5〜6日は久々に池原に行ってきました。

5日の土曜日は「小森と遊ぼうin池原」。

いつもながら大盛況で多数の参加となりました。
天気も晴れと絶好の大会日和。
ぶっつけ本番だったので、バスを探して探してという釣りになりました。
パートナーはいつもガイドに来ていただいている、平尾さん。昨年のカ~ブの店カップ優勝の時とおなじ組み合わせです。
スタート後、とりあえずは白川上流を目指し、白川大橋近辺の岩盤から開始しました。
しかしながら全く反応が無く、見えるバスが少なくなったと感じる秋の池原にあるパターンの一つとして橋脚にシフト。
その後、又川のティンバーにシフトして私がキロアップをキャッチ。
平尾さんもキーパーをキャッチ。
そこから「今日は橋脚と倒木を回りましょう」ということになりました。

白川大橋、又川、前鬼橋、トリワダニと回って、それぞれ2本ずつで終了。
結果は2本ずつでしたが、前鬼橋の橋脚ではダブルヒットもあり、平尾さんもキロアップを掛けるも残念ながらバラシなど内容的にはサイト以外ではなかなか難しいこの時期の池原としては良いパターンにたどり着けたのではないかと思います。


明けて日曜日は、チャプター池原の最終戦に同じく平尾さんと出場してきました。
スタートと同時に雨が降り出し、前日とは打って変わってローライトな一日となりました。
前日にように晴れていればシェードである程度はバスが止まってくれるのですが、ローライトになるとバスの動きかさらに速くなってしまい、それをどう捕まえるかがキーになると感じました。
前日良かった又川のカバー(実は、土曜日に50アップをバラしました)は、ルール上エリア外となるため、戦略を変更し、前鬼橋近辺の崩落と岩盤から始めることにしました。
ローライトのため、やはりカバーにバスは入っておらず、横のバンクを丁寧にドロップショットを沈めて行って幸先良く私にキロ弱のバスがきました。
その後は、延々とノンキーサイズの嵐。
浅いレンジから丁寧にライトリグを流すと必ずノンキーサイズになってしまいます。
そこで、ドロップショットリグのシンカーウェイトを2.7gに上げて、ショアラインから少し離れた深い場所にキャストしてもらうことにしました。
すると平尾さんもキーパーサイズをキャッチ。
が…ここからボートトラブルが発生し、ボートを交換しに桟橋まで一旦戻ることに。
速やかに代替機を貸してくださったホワイトリバーさんには感謝です。
そこから戦線復帰し、この日から新たに投入したFantasita FC-71MG-FM MGSでディープクランキングを試みるも、あまりにクリアな水のためか、巻きには反応が全くなし。

結局私はこの1本、平尾さんがキーパー2本で終了。完敗です。
この時期バスにとって快適な水温まで下がり”動くバス”をどう捉えるか?がテーマだなと痛感させられました。
ま、この一筋縄でいかないところが池原らしいところなんですけどね。
また、近々池原に行っていろいろと試して来ますよ。
「小森嗣彦と遊ぼうin池原」、「チャプター池原」に参加された皆様、お疲れ様でした。

さて、明日は三重テレビで放送中の「フィッシングポイント」の撮影です。
台風で土茶濁りの三瀬谷で、どんな展開をするか??
お楽しみに。


9月のガイド空き日は下記の通りです。
12日、13日、22日、23日となっております。
満水の三瀬谷より、池原の方がオープンウォーターが多く初心者には優しいかなと思います。
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。

 

チャプター奥伊勢湖宮川最終戦

  • 2015.08.05 Wednesday
  • 20:00
こんばんは。
今日も暑かったですね。
ここまで来ると、さすがにひと雨欲しいところです。
ゲリラ豪雨(この言葉は嫌いですが)も最近無し。
先日、入鹿池の帰りに小牧のあたりで僅かに遭遇しただけで、最近雨という雨に出会わない。
これも気候変動なのでしょうか?

さて、先日開催されたチャプター奥伊勢湖宮川第5戦。

最終戦にもかかわらず、2名の新規参加者を含め26名。
年間順位は54位まで増えたので、近畿ブロックの出場権も1名増えて9名となりました。

私は前日プラクティスでイージーに釣れていた最上流のバスを狙いに行きましたが、残念ながら蒸発してましたね。
初戦を欠場しているため、せめて近畿ブロックの出場権は取りたいなと思っていたので、勝負に出るしかないと攻めに出ましたが、こういうときはえてして上手くいかないもの。
やはり、水温30℃を超えると結構なヘビーカバーでもバスはシャローに居られなくなるんでしょうね。
インレットも不発。特にカバーはやり倒しましたが12:30までノーフィッシュ。。。
縦ストラクチャーのカバーと岬の沖の6.5mのディープで1本ずつ釣って坊主逃れが精いっぱい。
結果、5点坊主で近畿ブロックの出場権も逃しました。
やはり、通う回数が少ないといざ試合という時にロクな結果になりませんね。
入鹿池もそうでしたが、やはり真夏、特に真昼間はディープが水温的にも良いのでしょう。
その時その時で、バスが何の要素を重視するかをよく見極めなければいけません。特に真夏の昼間や止水時など状況が過酷な時の方が柔軟にいかないといけません。
また、後日三瀬谷には検証に行ってきますが、恐らくディープのパラダイスと化しているかと思われます。

チャプターに参加された皆様、1年間お疲れ様でした。
私もルール委員長/事務局として務めさせていただきましたが、1年間トラブルや事故も無く終われてほっとしています。
今年は新規の参加者も少し増えましたが、来年はさらに多くの参加をお待ちしております。
ありがとうございました。


三瀬谷のチャプターは終わりましたが、ガイドはまだまだ営業中!
真冬と真夏は釣れるスポットが同じ?!
真夏のディープを楽しみに来ませんか?
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。

今週末はチャプター奥伊勢湖宮川第5戦

  • 2015.07.29 Wednesday
  • 19:38
こんばんは。
今日も暑いですね。今日はお昼に某氏のお見舞いに行ってきましたが、こちらが倒れそうな暑さでした。
夕方でも37℃もあります。

そんな暑い中、今週末は三瀬谷ダムでチャプター奥伊勢湖宮川の最終戦。
10月11日に七色ダムで開催されるNBC近畿Bブロックチャンピオンシップの出場権ですが、今季は年間上位15%となっております。
第4戦までで年間出場者数が52名ですので、7.8人にあたります。小数点以下は繰り上げですので、実質年間8位まで出場権を獲得できることになります。なお、他チャプターの重複による”繰り上げ”や会長推薦と言ったものは一切ありません。
最終戦、頑張りましょう!

ルールは今のところ通常の三瀬谷のローカルルールとは変更ありません。
土曜日ですが、大台町観光協会さんのSUP教室がスロープ近辺で開催される可能性があります。
だいたい9:30頃から準備が始まりますので、もしボートの昇降が同じ時間になった場合は速やかに準備して移動してください。
ご協力お願いいたします。


8月3日はガイドご予約をいただいております。
8月の週末のガイド空きは8日(土)、9日(日)、14日(金)〜17日(月)、22日(土)、23日(日)といつもの月よりも多めにあります。
お気軽にお問い合わせください。
080−1621−7122(北山)
 

チャプター奥伊勢湖宮川第4戦

  • 2015.07.21 Tuesday
  • 20:08
こんばんは。
今日も暑いですね。
明日ようやく寝室のエアコンが入れ替わります。これでベッドで寝れる。

土曜日から三日連続で三瀬谷でした。

土曜日の朝7:00にもみじ公園スロープに行ってみると前日の台風の影響でご覧の通りの濁り。
まだ放水量も多く、流れが少し強いということもあり午前中の出船は禁止に。
お昼になり、放水量が減り、上流に位置する宮川ダムの放水も大規模なものはなさそうなので、公式プラクティスを解禁しました。

私はルール委員長ということもあり、上流まで車で危険個所が無いか下見に。
写真はスロープ横のもみじ館の日替わり定食。安定の美味しさです。三瀬谷で釣りをされる方は環境整備協力金(¥700/日、¥3,000/年)が必要なのですが、お昼ご飯を食べる際に一緒にお支払いいただくと便利です。
この環境整備協力金は、トイレやスロープ、スロープの進入路までの維持に使われております。三瀬谷ダムの環境整備における非常に貴重な財源ですので、必ず日券または年券の購入をお願いいたします。

日曜日は天候も安定し、無事に予定通りチャプター戦を開催することが出来ました。
参加人数は24名。
湖の状況は相変わらずで、ボディウォーターは激しい濁り。クリークの争奪戦となりました。
上位はクルーズの関口店長を除いてボディウォーターでの釣果は無し。ノーフィッシュも9名とかなり厳しい試合となりました。


私はと言いますと、最初に多度橋のクリークに入り、ベイトフィネスのノーシンカーで1本目、その後続かずに下流のクリークまで移動し、ネコリグに切り替えて5本ほど本釣って3回入れ替え。
どうもバスはクリーク奥の水がクリアな場所で、岩盤に張り付くハゼ系の魚を食っていたようで、ネコリグがベストフィットとなりました。最後の入れ替えのみは浮いているバスを釣ったので、ハドルフライリアル2.5インチのノーシンカー。これをショートトゥイッチしてブッシュの上に浮いたバスをバイトに持ち込みました。
残念ながらコンディションの良いものは先行者に釣られていたようで、3本977gで10位という順位でした。
今回のフィールドコンディションは三瀬谷にしては最悪の部類に入りますが、想像していたよりも参加者のウェイインが多く、楽しいチャプターになったのではないでしょうか。
次は8月2日に最終戦。皆様の参加をお待ちしております。

◆タックル
ベイトフィネス(ノーシンカー)
ロッド:Abu Fantasista STUDIOUS FSNS-69LS MGS
リール:Abu Revo ALT改(ZPI" BFC-930Proフルチューンド)
ライン:Berkley Vanish Revolution 7lbs

ネコリグ(エコスワンプミニ・1/64oz)
ロッド:Abu Decider DRS-62LS MGS
リール:Abu Revo Neos 2000SH
ライン:Berkley Vanish Revolution 3lbs


8月3日にガイドご予約いただいております!
7月のガイド空き日:25日(土)、26日(日)、27日(月)、29日(水)、30日(木)
8月のガイド空き日:4日(火)、5日(水)、6日(木)、8日(土)、9日(日)、10日(月)、11日(火)、12日(水)、14日(金)、15日(土)、16日(日)、17日(月)、20日(木)、21日(金)、22日(土)、23日(日)、24日(月)、26日(水)
下記の番号までお気軽にお問い合わせください。
080−1621−7122(北山フィッシングガイドサービス)

 

チャプター奥伊勢湖宮川第4戦について

  • 2015.07.17 Friday
  • 19:08
こんばんは。
台風で大きな被害はありませんでしたか?

7月19日に三瀬谷ダムで開催予定のチャプター奥伊勢湖宮川第4戦ですが、明日朝に現地に行って開催かどうかを決める予定です。
近隣のチャプターの日程がかなり詰まっており、チャプターブロックチャンピオンシップまでにすべての日程を消化しないといけないので、可能な限りは開催したいのですが…やはり、少しでも危険要素があるようであれば中止という選択もやむなしかと考えています。
もし、中止となれば延期は出来ないので、全4戦となる予定です。
ご了承ください。

明日は、以前三瀬谷で撮影したフィッシングポイントが三重テレビで朝7:45分から放送です。
完全止水でかなり濃い目の抹茶・オ・レ状態の三瀬谷でどんな釣りを展開するのか?!
ラストはなかなか見られないシーンになっていると思います。三重テレビの放送圏外の方はアーカイブにてご覧になれますので、放送後にURLを掲載いたします。お楽しみに!

 

TOP50第4戦

  • 2015.07.14 Tuesday
  • 19:34
こんばんは。
昨日のお昼に無事に三重に帰ってきました。
鈴鹿でトレーラーを切り離し、帰宅後に今週末の三瀬谷でのチャプター戦の準備を兼ねて片付けをし、歯医者→郵便局と回って結局夜はリビングのソファで寝てしまいました。

桧原湖の朝は13℃くらいがデフォルト値で、決勝の朝に限っては11℃。
防寒着が必要な寒さでした。

公式プラクティスの朝の水位。プリプラクティス時に比べて30cmほど減水していました。
リーフマスターのデータはログを録った時間ごとに水位の調整が出来るのですが、ネットで水位の公開がされておらず、水位標柱さえない桧原湖ではこの桟橋の写真を毎日撮って、基準水位までデータを調整して出力していました。
ちなみに、私が基準水位にしているのはコンクリート桟橋の一番右から2番目の大きなタイヤの真ん中に設定しています。


公式プラクティスでは、シャロー〜8mくらいのディープまで満遍なく釣れました。
まだスポーニングベッドが多く見られたプリプラクティス期間からかなり季節が進んで、ポストもしくは、深いところの少し遅めのベッドのバスが釣れてくるといったように感じました。
7〜8mでは写真のようなアメマスも釣れました。スモールマウスバスはラージマウスバスと違い、生態がトラウトに似てるなと思っていましたが、やはりそのようでバイトの出方、釣り方、フッキングしてから上がってくるまでの引き方に至るまで全く区別がつきません。魚体が見えてようやく魚種の違いに気付くと言った感じです。
公式プラクティスではあまり”釣り方を詰める”作業はせずにどこでも釣れるようにしておくという目標のもと、湖全体を広く浅く見ていきました。


初日は、3kgに届かず2700g。41位。第3戦と同じ順位からのスタートとなりました。
前半は半分サイトフィッシングのような釣り方で、見えて少し深いところへ落ちていったバスを3〜4mでネコリグで食わせるという釣りがメインになりました。
ラージも2本釣ったのですが、残念ながら27cmほどのノンキーパーサイズ。桧原湖のプロ戦はキーパーサイズが通常の25cmではなく30cmに設定されています。
初日後半になってからはシャローのカバーフィッシングに切り替え、ミスもありましたが何とか釣って5本ちょうどでリミットメイク達成。
二日目はこの後半の釣りが大きなヒントになりました。


二日目は、初日のミスを反省し、ベイトタックルを少し変えました。
初日後半はベイトフィネスで釣っていったのですが、それではフッキングが遅れカバーから出せないバスも居たので、まずリールをAbu Revo IB Rocket9-Lに変更し、ラインをバニッシュレボリューション7ポンド→8ポンドに変更。
ロッドはFantasista STUDIOUS NINE FSNC-69LS MGSからFantasista STUDIOUS FSNC-65M MGSにパワーアップ。
要するに通常のベイトタックルに近いタックルバランスになりました。
それが功を奏して、1日中満遍なく良いサイズが釣れ続き、単日10位で一気に22位まで順位を上げることに成功。
しかし、トーナメントにおいて強力なパターンほど怖いものは無く、翌日にそれを実感することに。

三日目の決勝は、重量も同じ22位で22番目のスタート。
二日目と同じパターンで突き通してノーフィッシュ。
さすがスモールマウスです。ここまで変化するんですね。
総合成績は30位で、年間も42位→41位となりました。
原因を考えても全く意味が無いので、すでに次の試合のことを考えています。
悔しいのは賞金を獲れなかったという事実のみ。
次の最終戦もまた捲りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。


最近、ReefMaster Proを含めたローランスガイドのお問い合わせを多くいただいております。
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。




 

JB TOP50第3戦

  • 2015.06.09 Tuesday
  • 18:05
こんばんは。
すっかり梅雨入りしていて雨が多くなりましたね。
でも今年の梅雨は、何だかしとしとと降っていて”梅雨らしい梅雨”に感じるのは私だけでしょうか?!

さて、ようやく落ち着いて書ける時間が出来ました。
今回のTOP50第3戦(旧吉野川)は年間59位で迎え、まさにデッドラインでした。
しかも、ここ何回かは旧吉野川の試合は30位〜40位の間で予選落ち。
これを喝破すべく公式プラに臨むも全く釣れず。

しかしながら不思議なことに全くと言っていいほど気負う事もなく、とても良い精神状態で試合を迎えることになりました。
これと言って根拠もないのですが、初日の朝から「釣れる気がする」と周りにも言い、、、結果、初日は1本908gで41位というスロースタートでしたが、他に2ミスあったため、「バスには近いな」というプラスの感触を持っていました。
戦略は主に二つ。
テトラのバスとシャローカバーのバス。
初日のミスは、テトラでの針伸びだったため、不可抗力。さらに、もう一つは自分のラインチェックミスで傷が入ったままキャストしたところバスが食ってしまったというもの。キャッチできた1本はライトカバーだったため、結果としてはどちらの方でもバスにはタッチ出来てると。

二日目。これも朝から「予選は通過する気がする」と周りに言ってました。事実、何故か釣れる気がした。
二日目は最初にテトラに入り、キロアップを釣り、続かないと感じるやシャローカバーに転換。
何か所も過去に釣った事がある場所を移動しまくり、2本加えて単日6位で総合13位にジャンプアップ。

三日目。またもや朝から「今日は釣れるで〜」などと言いながら、テトラに入ります。
さすがに60人から30人に減ると、どこもかしこもスポットが空いてて入りたい放題。
二日目同様、テトラから入るも9:30までノーバイト。
でも、そこから移動を繰り返して、ライトカバーで4本立て続けに釣れて、終了15分前にデカイのをバラして終了。
最後のは、恐らくフックの掛かってる場所が硬いところに乗ってるだけだったのでしょう。
神様も「もう少し上がありますよ〜」と言ってるんでしょうね。

三日目は単日4位。

そして、7位くらいで呼ばれるかと思っていたら、、、

何とかお立ち台に引っ掛かりました。

その日その時を大切に生きると言うことはなんと大事なことなのでしょう。
何故か、過去の結果や他の選手が全く気にならなかった。一生懸命釣りをした結果が自動的にこれになったと。
哲学的なことを考えた3日間でしたね。
今回は、不思議なことにほとんどスピニングも使わなかった。
活躍したロッドは3本。
ノーシンカー
ロッド:ディサイダー DRC-65M MGS
リール:Revo ELITE8LZPI” NRC−923M フルチューンド
ライン:バニッシュ・レボリューション 12ポンド

ノーシンカー
ロッド:ディサイダー DRC-67L+ BF MGS
リール:Revo ALTZPI” BFC930Pro フルチューンド
ライン:バニッシュ・レボリューション 7ポンド
※ALTの930チューンはワンオフです

ヘビードロップショット(テトラ)
ロッド:ディサイダー DRC-69MH MGS
リール:Revo IB Rocket9ZPI” NRC-923IB M フルチューンド
ライン:バニッシュ・レボリューション 14ポンド

ダム湖野郎でも案外シャローウォーターでも釣れるもんなんですね。
これで、年間は42位まで上昇。
あと2戦ともに同じ心理状態で臨めそうですね。


三瀬谷ガイドの今月の空き日は下記の通りです。
12日、13日、14日、15日、29日、30日
いつでもお気軽にお電話ください。
080−1621−7122(北山)

 

公式プラクティス初日

  • 2015.06.03 Wednesday
  • 20:21
image.jpeg
こんばんは。
ホテルでようやく全ての作業が完了です。
とりあえず、水域を全体的に見て、プリプラクティスからどれくらい季節が進んだのかを感じました。
今日はほとんど釣りをしながら、データをレコードして行き、先ほどホテルでまとめて明日のat5を出力。
膨大なデータですが、楽しんでますよ。
1日雨が降ったりやんだりの繰り返しで疲れました。雨だと寒くて晴れると暑い。両極端です。雨だとノート取りにくいから嫌だな。
明日は晴れるかな?
ご飯食べてシャワー浴びたら即寝ます。

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM