GWの池原はひたすらスローに

  • 2016.05.11 Wednesday
  • 19:44
こんばんは。
書くネタはいろいろあるんですけど、どうにもこうにも時間が無くて…なかなか更新出来ずにごめんなさい。
実は、昨日も長文書いたんですけど、、、ブラウザのエラーによって全てが帳消しになってしまいました。

さて、このGWは前半の1日〜5日を池原で過ごしました。
初日はいろいろとボートの作業があって僅かに湖上に浮いただけでしたが、二日目はパイセンと同船。

「このカラーのホローベリーで釣ったことない」とおっしゃるのですが、あっさり釣れてました(笑)
キーパーサイズまでなら乱獲レベル。このホローベリーの使い方にも”キモ”はやはりありまして、それは「逃がし」ですね。
この「逃がし」をバスの表情なんかを観察しながらタイミング良く入れてやるとあっさり食います。
ほとんどの人がワームを「餌」としてバスに食わせたいと思ってしまうので、どうしても「見せる時間」が長くなってしまう。
それでは、さすがのバスも「あ!これ餌と違う」と見切ってしまいます。
もちろん、同じホローベリーでもカラーによってバスが判断に要する時間は長かったり、短かったりするので、その辺は要注意と言ったところでしょう。ホローベリーは短い距離で高速に移動するのに適したデザインになっているので、バスを迷わせ続けることが可能です。コツは「最後まで迷わせておくこと」ですね。
ジャンルとしては、ソフトベイト版ペンシルベイトといったところでしょうか。
このタイミングは文章ではなかなか上手く伝わりませんので、またガイドにでも来ていただければ実際に簡単に習得してもらえるテクニックだと思います。


水位はこんな感じ。GWの5日間で1mほど増えました。水温は朝で15℃、昼まで18℃強。
湖中にベッドがあるのかと思いきや…ほとんどありません。
潮時表的には、5月5日あたりから大潮でしたので、浅いスポーニングベッドでもあればと思ったのですが、5日間とも風が少し強く、なかなか見えませんでしたね。
そう言えば、前の大潮の4月22日はガイドだったのですが、この時はベッドも多く、50オーバーのメスも多く見受けられました。
大潮でもこの状況と言うことは、、、湖のメインパターンはポストスポーニングに移行しているということでしょう。

通常、ポストと言えば、三瀬谷ようなライトカバーが存在する場合は、岸際の冠水植物なんかに「もう、しゃべりかけんといてくれ〜」という感じで寄り添って居たりします。こんなのはノーシンカーなんかで一撃だったりするのですが、雨や曇りのローライト時にはスピナーベイトでバスのいるすぐ真横を通したりするとリアクションで食ったりします。
 ところが池原の場合、そんな都合の良いライトカバーなんか存在しません。
というわけで、ここで古来から言われている「一段下の…」ということになります。池原で1段下と言えば何メートルくらいなのかよく分かりませんが、言いかえれば「見えないレンジ」(水質はクリアだったので4mくらいまでは誰でも見えます)ということになります。そのレンジに存在するスタンプなんかが、”話かけんといてくれ〜系バス”の居場所になります。
 ちなみに、オスの「フライ守りは?」ということですが、ほとんどが風下の濃い流木の中で見えないことが多いですね。

こんな理由で、3日目からは4〜10mくらいを意識して、ひたすらスローにズル引くという地味な作業になりましたとさ。

この5日間、船に載せたタックルはこの4本のみ!
ホローベリーのプロトカラーが映っていますが、これはクリアウォーターにはとてもありがたいカラーです。
もう、、、乱獲でした。2本しかないのに、もうボロボロ。
ホローベリーのパニックアクションでのサイズが上がってくるのはもう少し先のようです。
DEXのクランクベイト、SC-55Fもトゥイッチアクションではホローベリーに飽きて少し沈んだバスが乱獲になりました(笑)
確かに状況によっては井上慎二郎君がやってるように、サスペンドチューンもアリかなと思います。
Revo SLC-IB7にプロトのナイロン10ポンド、Fantasista FC-66M MGSで投げましたが、これまたブッ飛んでいきます。

具体的にどうしたかというと、6〜7mくらいのスタンプエリアでひたすらスローにネコリグをズル引くという手法。


これで釣れるバスはキーパー〜40cm弱。お口を隠しているのはプロトの4インチクローラーベイトなので。
これに1.3gのネイルシンカーを入れて、Fantasista STUDIOUS FSNC-69LS MGSRevo LTX-BF8-Lバニッシュ・レボリューション7ポンドというベイトフィネス。
ナゼかシェイクするとバイトが出ずにズル引きか良かったですね。
恐らく、スタンプエリアに居るのはお疲れさんなお父さんがたなんでしょう。

これではサイズアップが狙えないなということで、最終日にはスポーニングエリア近くの垂直岩盤にシフトし、10mまでひたすらノーシンカーを落としていくという作業になりました。

結果として、何とかこの48を頭に40を2本と言った感じで終われました。
ポストに絞って超スローにしたのがこのバスに繋がったかと思います。(本当は50は超えたかったですがね)

この季節にパターンフィッシングで釣るというのは、アングラー側で「プリを釣るのか?」「ミッドを釣るのか?」「ポストを釣るのか?」をある程度決めて行かないと、最後まであやふやになってしまって下手すればゼロで終わってしまうなんてこともあり得たりします。スポーニングベッドを撃てばそれなりにバスには触れるでしょうけど、こうやって5日間も風があるとサイトもなかなか辛い物があります(その分、バスにとっては非常にありがたいですね)
毎年、この時期に急にスローな動きのバスを釣るのに戸惑い、モチベーションが落ちたりしますが、今年は上手く補正も出来てきてるかなと思います。

先人の言うことは偉大です。この本、1冊目は読み倒してボロボロになってしまったんで、2代目なんですけど、あらためて読み直しても勉強になります。

次に池原に行けるのは野村ダムでのTOP50第2戦が終わってからということになりそうですが、その頃にはすっかりアーリーサマーな池原に変身してくれているでしょう。楽しみです!
おっと、その前に今週末から野村ダムでのプリプラ。こちらも集中して本番を迎えられるようにしっかり準備しておきたいと思います。


池原ガイドのお問い合わせは
080−1621−7122(北山)まで。
またはホワイトリバーさんまでお気軽にどうぞ!
 

明日夜から池原入りです

  • 2016.04.29 Friday
  • 18:50
こんばんは。
明日までは釣りが出来ず…早くいろいろ試したい。。。。
と思っていたら、また新たなラインサンプルが届きました。
おかげで、1日〜5日の池原はかなり充実しそうです。


さて、その池原でいつもお世話になっているレンタル&昇降所のホワイトリバーさんですが、今年から私がボート整備を担当しております。もちろん、自分が納得するまでとことん作業してますので、ほとんどのエンジンは調子いいのですが、この写真の彼だけは…なかなか言うことを聞いてくれません(笑)
何百回とリコイルスターターを引いて、右手中指なんか皮剥けましたよ…
 でも明後日には絶対言うことを聞いてもらおうと思います。

インペラはこんな状態でした。そりゃパイロットウォーターも出んわ。
ちなみに、海で使用する船外機はインペラ交換時にサーモも一緒にセットで交換することが多いのですが、淡水の場合はそれが必要無くて楽ですね。
 池原は流木、特にサスペンド流木も多いですので、レンタルボートとは言え出来る限り丁寧に扱ってほしいものです。2馬力のペラは割りピンのみで止まっている物が多いので、すぐに折れちゃうんですよね。また、ギヤの故障も多いです。くれぐれも流木ヒットは勘弁してほしいです。
あと、2馬力の方はせめて「右側航行」くらいは知っておいて欲しいです。いくら免許不要とはいえ「知識不要」ではありませんので、せめて最低限の事は知っておいてほしいです。湖上でのトラブルは人命に係わることもあります。
特に、今日からゴールデンウィーク休みで湖上も賑わって来ているはずです。さらに今年は減水しているので、ボートの密度も濃いです。出船前に分からないことがあったら、スタッフに必ず聞いてから出船してくださいね。
 どこの湖(海)でも同じですが、”必ずライフジャケットの着用”をお願いいたします。

あ、あと、関東(愛知方面)から池原に初めて来られる方へ!
尾鷲ルートでナビを設定すると、必ずと言っていいほど尾鷲北から国道425号を指定されます。
恐らく距離的に近いからだと思われますが、これは、酷道です…すれ違いも満足に出来ない崖っぷちルートです。
紀勢道尾鷲北→国道42号(熊野方面)→途中の尾鷲熊野道の入り口は無視して直進→峠を登って長いトンネルを2つ通ります→小坂交差点を右折→下北山村方面へずっと道なりで、下北山村に入ります。
 もしくは、名阪国道針ルートで来るという手もありますが、紀勢道ルートの方がかなり早いです。
くれぐれも運転には気を付けて来てください。

さて、そんな大賑わいな池原に行くわけですが、私の池原ガイドもまだ全然空きがあります。
初めての池原だと、広すぎてどこで釣ればよいか?などが分かりにくいかもしれません。
そんな時のポイントガイドもしておりますので、お気軽に下記までお問い合わせください。
080−1621−7122
お待ちしております!

つり祭りin紀ノ川

  • 2016.04.27 Wednesday
  • 19:00
こんばんは。
今日の三重県北部は雨。池原のある下北山村も雨ということで、もう少し水位が上がってくれたらなと思います。

さて、先週の日曜日は紀ノ川で「全国縦断チャリティーつり祭りin紀ノ川」でした。
このイベントは誰でも参加できるオープンなイベントで、おかっぱりの大会を中心とした様々なイベントがあります。
参加費だって、個人は500円、家族でも500円というかなりリーズナブルな値段です。
私もサポーターとして昨年に続いて行ってきました。


和歌山でも毎度お世話になっている、つり具のマルニシ(和歌山バイパス店)さんへ。
昨年は合川ダムのイベントでお世話になりました。
スタッフMさんと一緒に名物の和歌山ラーメンを食べに行った後に、買い物をしましたが、バスコーナーが去年よりも強化されていました!
 GWはセールもあるそうですので、ぜひこの機会に行ってみてください。
なお、今年の合川ダムのイベントは7月にあるそうですので、そちらも正式にアナウンスがあり次第こちらでもお知らせします。(今のところの予定では、私は試合と重なっていて参加出来そうにありません)

翌日の日曜日は、当初雨の予報でしたが、誰が強力な晴れ男なのか知りませんが上手いこと天候も回復。
朝こそ少し肌寒い日でしたが、今年も100人を超える参加者となりました。
オカッパリ大会が始まる9時前にはすでにすこし暑いくらい。

kaaminさんファミリーのイケメンお父さんも31cmをゲット!
娘さんがバスを見つけて、お父さんが釣りあげるというナイス連携プレーでしたよ!
タックルは、Fantasista YABAI FYNC-69L MGSに新型のRevo LTX-BF8Lという超軽量ベイトフィネスタックルでした。
Revo LTX-BF8の128gという軽さには誰もが驚きますね。



去年と同じく、ピッチング競技も行われ…珍しいシーンですが、福島プロも参加。
10mほど離れた的(ストラックアウトみたいに9分割されている)をピッチングして撃ち抜くのですが、これまた普通の釣りのピッチングと違い、地上から30cmほど上に的があって当てにくい…オーバーハングの下に入れて行くのなら分かりますが、空中ですからねぇ。皆さん苦労されてました。
 一応プロの意地は見せておきましたが(笑)

この中から未来の釣り人が出て欲しいなと思いますね。
子供に喜んでもらえるっていうのもこの大会のコンセプトの一つ。
子供向けの賞も盛りだくさん!
お見かけした中には去年のつり祭りにも参加されていたファミリーも何組が居たので、そういうのはとても嬉しいですね。
個人の部では優勝が48cm、3位でも42cmということで紀ノ川はやはりオカッパリでもポテンシャル高いです。


2年連続で100名を超える参加。
年齢層も適度に散っていましたが、印象としては、もう少し中学生や高校生が多かったらいいのになと感じました。
今ではかなり見なくなりましたが、街中で自転車のカゴに2ピースのバスロッドを刺して走ってるのを見ると「頑張れよ!」と思います。
今回の参加者の中から、釣りを続ける人が一人でも多く出てくれたらなと思いながらお手伝いさせていただきましたが、こちらもこういうオープンなイベントはあまり経験出来る機会がないので、かなり楽しませていただきました。
ご参加戴いた皆様、ありがとうございました。
また来年もお待ちしております!

この日のうちに池原にトンボ帰り。
そして、、、まさかのリコイルスターター地獄が待ち受けているとは(笑)
その話はまた明日にでも。

5月1日〜5日、まだガイドに空きがあります。
この機会にぜひ一度池原を体験してみませんか?
080−1621−7122(北山フィッシングガイドサービス)
お気軽にお問い合わせください。

 

明日は池原!

  • 2016.04.21 Thursday
  • 16:32
こんにちは。
今日は準備がありますので、早目の更新。

明日は池原ガイド。
今晩から移動します。
予報では雨は明け方には上がりそうなので、明日は釣りがしやすい日になるのではないかなと思います。
水位は相変わらずの低さですが、かえって場所が絞りやすくてやりやすいかなとプラスに捉えることとします。
初めてのお客様なので、とても楽しみ!

では、行って来ます。

プレッシャー下におけるルアーとは?

  • 2016.03.31 Thursday
  • 20:39
こんばんは。
今日で3月も終わりですね。
つい先日年明けだったような気がしますが…時間の進行が早い気がします。

さて、先日ですが、「ハイプレッシャー下でのベストルアーを教えてください」というご質問をFBメッセンジャーにて頂戴しました。質問してくれた方は、おそらく”最終的に頼りになるルアー(ワーム)を教えてください”という趣旨なのだと思います。「ハイプレッシャー」は恐らくですが、人が良く来る野池やトーナメントレイクなどの所謂”ヒューマンプレッシャー”を意味するのではないかと推測されます。
 そこで、答えを考えてみたのですが、、、「特にプレッシャー対策ってしてないなぁ」でした(笑)
TOP50の試合中なんかは、間違いなくヒューマンプレッシャーの頂点の状況だと思うのですが、結局普段からやっていることはあまり変わらないなと。
 私の場合は、どこのフィールドに言ってもそこのバスが「普段どんな生活をしているのか?」を観察するところから入ります。その中では、もちろんフィールドによって主食にしているものも違うだろうし、それによってバスの着き場も変わるだろうし、本当にいろいろ違いがあります。
 そこで、ルアー(ワームなど)の選択になるのですが、やはり第一は食性にマッチした動きを演出するものを選択することが多いです。だって、結局プレッシャーがあろうが無かろうがバスは空腹時には食いますから。
なので、プレッシャーがある時に気にするのは、どちらかと言えばルアーよりもアプローチだったりします。正確に奥の奥まで着水音もあまりさせないようにルアーを送り込む、横の動きのルアーであればなるべくタイトに通す。などなどです。
 所謂「ハイプレッシャー下」でよく釣れるルアー(ワーム)というのは、それぞれのシチュエーションにおいて自分がイメージする動きをしっかり演出出来るものを言うのではないかなと思っています。巻物であれば、バスの反応を見てその時に好みそうなスピードでバランスを崩さず引けるものと言った感じ。その上で、クランクベイトであればボトムや岩に触れた時に、ハネるのが良いのか舐めるのが良いのかを選択すると言ったところです。もちろん、ちゃんとアイをトゥルーチューンして使います。バークレイの新作のDEXのクランクベイト、CR55SRなんかもアイチューンが狂いにくく、どんな条件下でも使いやすい。こういう使いやすいルアーが”釣れるルアー”と称されるのではないかなと思います。
 カラーについてはその日の光量や水の色によっても変えたりします。
 結局、そうなると「ハイプレッシャーにはコレです!」と選択するのは難しくなりますし、普段から1キャスト1キャスト気を付けて釣りをしているのでプレッシャーを想定していることもあまりありません。また、キャストミスをした時には可能な限りすぐに回収します。ヒューマンプレッシャーが掛かっている状況下では、アプローチがちゃんとしていないキャストに対して食ってくれるほどバスも甘くは無いでしょうから。また、ミスキャストにもかかわらずそのまま水中にルアーを通してしまうと、バスもそれを覚えるだろうし、警戒心のレベルを上げてしまうだけになります。
 バークレイをはじめ、ほとんどのルアーがあらゆる細分化された状況下で使えるようにしっかり煮詰めてからリリースされているので、ご自分で手持ちのルアーがもっとも威力を発揮するシチュエーションを探してみるは実は楽しい作業だったりします。
 私の場合、サーチベイト的にはプレッシャーがあろうが無かろうがホローベリーの表層引きなんか良く使いますし、クリアウォーターであれば試合中でもトップはよく使います。それにバイトが無くても、バスが出てきたりして反応があればそれが次の対処のヒントの対象にもなりますし。チャプター戦でクランキングで優勝したこともあります。
 あくまでも個人的見解ですが、このような事を考えて釣りをしてみたらいかがでしょうか?そうすれば、あまりプレッシャーというのを特別に考えなくなると思います。


珍しく偉そうなこと書いたら、疲れました(笑)
今日はエレキとトレーラーのオーバーホール。
三瀬谷で使用するリア用のエレキのブラシの様子が見たかったのですが、案外大丈夫でした。結局、中のスラッジの洗浄をしてコミュテーターを研磨して、各所グリスアップして、配線のチェックをして組み付けて完了。アナログモデルの107lbsなので、ブラシ終わったらデジタルへのコンバートを考えないといけないな…
ハブは特に問題ありませんでした。
ただ、昼はそこまででタイムアップとなってしまったので、エンジンからの換装は明日に先延ばし…
この390を早くエレキで使ってみたいですね。


今週末の土日、三瀬谷ガイド空いております。
上で書いているような事も解説しながらガイドをしておりますので、初心者の方でも大歓迎です。もちろん、ビギナーの方にはもう少し噛み砕いてルアーフィッシングの面白さをお伝えします!
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。
プリスポーンのビッグママに会えるかもしれませんよ?!
 

今週末は三瀬谷

  • 2016.03.30 Wednesday
  • 19:40
こんばんは。
今日はお昼は暖かかったですね。


おかげで、池原などで使用しているステーサー390レイカーのお化粧直しが出来ました。
やはり少し気温が上がらないと塗料が硬くて塗りにくいので、これくらい暖かくなってくれると作業がしやすくてありがたいです。
そして、これは明日にはエンジンからエレキに換装されて二日間だけ三瀬谷仕様になります。
 私が三瀬谷のチャプターに出始めたのが、三瀬谷にチャプターが創設された2001年。それから暫くしてからは、この390も結構使用している選手が多かった覚えがあります。しかしながら、今はあまり見ませんね。当時、まさか自分が390で三瀬谷に浮くなんて微塵も思っていませんでした。バッテリー6個のかなりヘビーなセットになりますが、果たして釣りしやすいのかどうか。
 いずれにしても、来週はTOP50で火曜日には早明浦に行きますので、三瀬谷でのセッティング兼プラクティスは今週末しかありません。ま、限られた時間内でやるのは面白いですけどね。

 その三瀬谷ですが、来週はチャプター奥伊勢湖宮川の第1戦になります。
ルール委員長の私はTOP50初戦のためしょっぱなから欠席となります。申し訳ありません。
16〜17日のマスターズ第2戦に参戦される選手でプリプラを兼ねて出場される選手もおられるかとは思いますが、ルールブックの98ページに主なローカルルールは掲載されておりますので、よくよく読んでおいてください。


また、大台町観光協会さん主催のSUP教室も始まっております。
こちらは支流クルーズもあって、各クリーク内に普通に入って来ますので、その際には通る場所を空けてあげてください。
(あくまでもSUP優先です。場所の主張をしないようにお願いします)
朝はスロープ近辺が開催場所となりますので、速やかにボートの昇降を済ませて指定の場所に駐車してください。
なお、台数が多い場合はトレーラーを切って、奥から詰めて駐車願います。
その辺の下見も兼ねて今週末は三瀬谷に浮きます。
半年ぶりくらいになるのかな。久しぶりの三瀬谷楽しみです。

明日は池原

  • 2016.03.04 Friday
  • 18:53
こんばんは。
今日は暖かい1日でしたね!
今日浮かんでた人はいいのが釣れたのではないでしょうか?
池原もいいのが浮いてたのではないかな。
明日まで晴れで、日曜日は午後から天気が下り坂ということで、雨が降った後の月曜や火曜なんかが本当のX−DAYだったりして。
そんな明日は池原に行きます。
と言っても、390レイカーのプロペラマッチングテストと今シーズンから請け負っているホワイトリバーさんのボート整備の業務なのですが…
 どこかで時間見つけてDEXのクランクベイトを投げてみようかなと。今日のFBでは藤波プロが長良川の木曽三川公園下流のテトラで使っていましたが、あのガキゴキのテトラで根掛かりしないというのは結構凄いことやと思います。私も数多くのクランクをあそこで殉職させましたからねぇ。。。ということは、備後筋の立木群でもイケるのでは?と思ったりしますので、とりあえず投げてみます。
 まぁ、何でもそうですが、こういった新しい物を導入するときってのは子供のようにワクワクするものです。
明日のうちに三重に帰ってきて、日曜日は390の整備。月曜日はジャベリンの整備と3日間ほど忙しくなりそうです。
また、明日FBの方にでもアップします。
では、また明日。

DEX到着!

  • 2016.03.02 Wednesday
  • 18:51
こんばんは。
3月に入ったと言うのに、何でしょう、この寒さは。
三寒四温の”寒”の部分なんでしょうけど、早く暖かくなって欲しい物です。服に困ります。


さて、今日はこの子たちが到着しました。
サンプル第1号ということで、55mmのシャロークランク「CR-55SR」です。
カラーはブルーバックチャートなのですが、私はこのカラーをよく霞ヶ浦水系で使います。
ということは、濁っている池なんかで使えそう。
ベリーにはオレンジが入ってます。
そういえば、2007年にカリフォルニアに行った時には、向こうはどこのショップに行っても99%ハンドポワードワームばかりでした。そして、そのハンドポワードワームには必ずと言っていいほど、どのカラーにも”オレンジ”のスポットが入れてありました。それを某O社の社長に尋ねたところ、「バスはオレンジが好きなんだ」と言ってましたね。なので、私もクランクはオレンジベリーを多用しています。
 話はそれましたが、サンプルはノンラトルのようですが量産品もノンラトルになるのかな?私個人としてはノンラトルが好きなので嬉しい限りです。
これくらいのサイズと重量だと、Fantasista STUDIOUS FSNC-65M MGSかDECIDER DRC-65M MGSにギア比が6:1くらいのリール、バニッシュ・レボリューション10ポンドあたりがベストマッチかと思います。
 今週末は土曜に池原数時間、日曜は朝からボート整備というスケジュールになっているので、隙を見て池に行ってみようかなと思います。
あ〜、早く投げてみたい!

そろそろ準備の期間

  • 2016.03.01 Tuesday
  • 18:55
こんばんは。
もう今日から3月ですね。と言いつつも雪降ってましたけど。
3月ということは、そうまず最初のマスターズ戦が19〜20日に河口湖で開幕します。
スケジュール的には20日に試合が終わってから、三重に帰ってきてボートを繋ぎ直してそのまま早明浦のプリプラに行くというなかなかタイトなスケジュールになっています。
したがって、今週と来週(スケジュール的に河口湖戦の前週プラは不可能…)でどれだけ準備出来るかが勝負になりそう。
17日午後 河口湖へ移動
18日 前日プラ
19日 マスターズDAY1
20日 マスターズDAY2→帰宅→ボート変更→早明浦
21日〜24日 早明浦プリプラ
26日 池原前日プラ
27日 チャプター池原第2戦
後半はなかなかのキツさですね。
早明浦では池原で使っているボートを使用するので、それの整備を今週末にしなければいけません。
3月は忙しくなりそうです。
 

明日午後から遠征です

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 19:39
こんばんは。
今日もあれやこれやと気忙しい1日でした。
明日は、午後から久しぶりの遠征です。
片道2時間半の池原が「遠征とは言わない」というのは立派な変態でしょうか?
一応帰りは日曜日を予定しております。
次回の池原は3月5〜7日のどれかになるかと思います。
きっと、季節も進んでいるんでしょうね。


3月のガイド空き日は下記の通りです。
5日(土)、6日(日)、7日(月)、12日(土)、13日(日)、26日(土)、28日(月)、29日(火)、30日(水)、31日(木)
いずれもガイドフィールドは池原となります。
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM