O2パワーは夏の必需品です!

  • 2016.07.28 Thursday
  • 18:42

こんばんは。

本日新しいヒッチボールも装着出来て、週末に引っ張るのには間に合わせる事が出来ました。

と言っても、引っ張るのはアルミニウムの方なんですけどね。

今月〜来月は車やらトレーラーやらの車検で何かと気忙しいのですが、時間を見つけてはいろいろと現場で試す計画を立てています。

 

そして、こちらも毎年書いていますが、O2POWER(オーツーパワー)です。リンク先に動画もあります。

ライブウェルを使う場合、必ず使用します。

この時期、水温も27〜30℃超とかなり”ぬるま湯”になります。溶存酸素量というのは単純に水温に反比例しますので、必然的に熱い水は水中に溶けている酸素も少ない状態になります。また、デカいバスほど当然ながら酸素の消費量も増えます。

経験上、バスの死亡する原因はエラの傷による出血以外はほぼ酸欠です。これはラージ、スモールともに言えることです。

そんな過酷なライブウェル内の酸素を化学反応によって増強してくれるのがこれ。

 実は、エアレーター(所謂”ブクブク”と呼ばれるヤツ)は一見すると泡が出てはいますが、あれの効果って僅かしかありません。

逆にこちらは、入れてもほぼ目に見えにくい気泡が出るだけ。しかし、ちゃんとDOセンサー(溶存酸素センサー)の数値は上がります。

 また、魚も暴れたりするとそれなりに体内のミネラル分を消費します。消失したミネラル分やビタミンをはじめとした栄養分もこの錠剤で補給されます。魚の場合、エラから血液に直接摂り込まれるので、効果としては絶大です。

1錠500円程度と少しお高いように感じるかもしれませんが、確実にバスを元気に還すにはこれが本当に頼りになります。

私の場合は、冬場夏場関係無く使用していますが、いつもウェイイン時にバスが元気でなかなか重量が計れずに迷惑を掛けるくらいです(JB本部の皆さん、ごめんなさい)

 ちなみに、ウェイインバッグにもそのままライブウェルから錠剤を移します(ちゃんと本部の許可ももらっています)

ウェイインバッグは、水の量がライブウェルに比べて少ない上にバスの密度も上がります。そして、重いので熱い地面に置き、さらに水温が上昇します。

 そこでブクブクとO2パワーの併用になります。ブクブクは弱いながらも水を循環してくれますので、酸素濃度を均一にしてくれる効果が期待出来ます。

 いずれにしても、資源として少なくなってきたバスにはVIP待遇で元気に帰ってもらうこと。これが重要です。

皆さんもこれから、試合プライベート関係無く、ライブウェルを使うような場合には是非使ってください。

だいたいの釣具店さんで売っていますが、ブクブクのコーナーなんかに一緒に並んでいる事が多いです。

一度使ったら、その効果は実感出来るハズですよ!

 

さて、明日の晩からは七色に向かいますが、今晩はラインの巻き替え。

スモール用に用意したバニッシュ・レボリューション・ライトゲーム

実は、バニッシュ・レボリューションにもこんな1.25〜1.75ポンドのライトゲーム専用ラインがあるんです。

本来はアジ/メバルなどのソルトなんかのライトゲーム用なのですが、バスでどこまで使えるのかトライしてみたいと思います。

初めて使う物は何でも楽しみですね!

 

 

コメント
コメントする








    

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM