プレッシャー下におけるルアーとは?

  • 2016.03.31 Thursday
  • 20:39
こんばんは。
今日で3月も終わりですね。
つい先日年明けだったような気がしますが…時間の進行が早い気がします。

さて、先日ですが、「ハイプレッシャー下でのベストルアーを教えてください」というご質問をFBメッセンジャーにて頂戴しました。質問してくれた方は、おそらく”最終的に頼りになるルアー(ワーム)を教えてください”という趣旨なのだと思います。「ハイプレッシャー」は恐らくですが、人が良く来る野池やトーナメントレイクなどの所謂”ヒューマンプレッシャー”を意味するのではないかと推測されます。
 そこで、答えを考えてみたのですが、、、「特にプレッシャー対策ってしてないなぁ」でした(笑)
TOP50の試合中なんかは、間違いなくヒューマンプレッシャーの頂点の状況だと思うのですが、結局普段からやっていることはあまり変わらないなと。
 私の場合は、どこのフィールドに言ってもそこのバスが「普段どんな生活をしているのか?」を観察するところから入ります。その中では、もちろんフィールドによって主食にしているものも違うだろうし、それによってバスの着き場も変わるだろうし、本当にいろいろ違いがあります。
 そこで、ルアー(ワームなど)の選択になるのですが、やはり第一は食性にマッチした動きを演出するものを選択することが多いです。だって、結局プレッシャーがあろうが無かろうがバスは空腹時には食いますから。
なので、プレッシャーがある時に気にするのは、どちらかと言えばルアーよりもアプローチだったりします。正確に奥の奥まで着水音もあまりさせないようにルアーを送り込む、横の動きのルアーであればなるべくタイトに通す。などなどです。
 所謂「ハイプレッシャー下」でよく釣れるルアー(ワーム)というのは、それぞれのシチュエーションにおいて自分がイメージする動きをしっかり演出出来るものを言うのではないかなと思っています。巻物であれば、バスの反応を見てその時に好みそうなスピードでバランスを崩さず引けるものと言った感じ。その上で、クランクベイトであればボトムや岩に触れた時に、ハネるのが良いのか舐めるのが良いのかを選択すると言ったところです。もちろん、ちゃんとアイをトゥルーチューンして使います。バークレイの新作のDEXのクランクベイト、CR55SRなんかもアイチューンが狂いにくく、どんな条件下でも使いやすい。こういう使いやすいルアーが”釣れるルアー”と称されるのではないかなと思います。
 カラーについてはその日の光量や水の色によっても変えたりします。
 結局、そうなると「ハイプレッシャーにはコレです!」と選択するのは難しくなりますし、普段から1キャスト1キャスト気を付けて釣りをしているのでプレッシャーを想定していることもあまりありません。また、キャストミスをした時には可能な限りすぐに回収します。ヒューマンプレッシャーが掛かっている状況下では、アプローチがちゃんとしていないキャストに対して食ってくれるほどバスも甘くは無いでしょうから。また、ミスキャストにもかかわらずそのまま水中にルアーを通してしまうと、バスもそれを覚えるだろうし、警戒心のレベルを上げてしまうだけになります。
 バークレイをはじめ、ほとんどのルアーがあらゆる細分化された状況下で使えるようにしっかり煮詰めてからリリースされているので、ご自分で手持ちのルアーがもっとも威力を発揮するシチュエーションを探してみるは実は楽しい作業だったりします。
 私の場合、サーチベイト的にはプレッシャーがあろうが無かろうがホローベリーの表層引きなんか良く使いますし、クリアウォーターであれば試合中でもトップはよく使います。それにバイトが無くても、バスが出てきたりして反応があればそれが次の対処のヒントの対象にもなりますし。チャプター戦でクランキングで優勝したこともあります。
 あくまでも個人的見解ですが、このような事を考えて釣りをしてみたらいかがでしょうか?そうすれば、あまりプレッシャーというのを特別に考えなくなると思います。


珍しく偉そうなこと書いたら、疲れました(笑)
今日はエレキとトレーラーのオーバーホール。
三瀬谷で使用するリア用のエレキのブラシの様子が見たかったのですが、案外大丈夫でした。結局、中のスラッジの洗浄をしてコミュテーターを研磨して、各所グリスアップして、配線のチェックをして組み付けて完了。アナログモデルの107lbsなので、ブラシ終わったらデジタルへのコンバートを考えないといけないな…
ハブは特に問題ありませんでした。
ただ、昼はそこまででタイムアップとなってしまったので、エンジンからの換装は明日に先延ばし…
この390を早くエレキで使ってみたいですね。


今週末の土日、三瀬谷ガイド空いております。
上で書いているような事も解説しながらガイドをしておりますので、初心者の方でも大歓迎です。もちろん、ビギナーの方にはもう少し噛み砕いてルアーフィッシングの面白さをお伝えします!
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。
プリスポーンのビッグママに会えるかもしれませんよ?!
 
コメント
コメントする








    

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM