ZPIキャップ

  • 2016.02.18 Thursday
  • 18:50
こんばんは。
昨日は展示用の物を貸出にZPI"に行ってきました。
今回のZPI”ブースの展示ではパワードームの動画がとても良い出来栄えですよ。
サトシンさんが解説してます。私もチェックしましたが、解りやすい内容で見応えあります。
なんたってパワードームはZPI"の中で一番のロングセラーですからね。今では小型ボートでは着いてない方が少ないのでは?と思えるくらいの浸透度です。ご期待ください。


今シーズン使うキャップをもらってきました。
左が通称「ズィーピーアイキャップ」、右が通称「ズィー帽」だそうで。
ちなみに、しつこいですがZPI"は「ズィーピーアイ」ですからね!「ゼッド・ピー・アイ」ではありません。
ZPIキャップの方は以前紺色の物がありましたが、それのカラー違いです。
今回はこのグリーン。ボトムズのスコープドッグのカラーですね。
ボトムズは他のリアルロボットアニメと違って、主人公に専用機がありません。キリコ・キュービィは最初から最後まで(まだ終わってませんが)量産機のスコープドッグに載っています。
しかも、壊れたら直し、潰れたらスクラップ工場から違う機体を拾って来て再生させたりして乗り継ぎます。
量産機ゆえに自分の好みにカスタムして戦闘力を上げて行きますが、こういうところがZPIと似ているかもしれません。
私も昔から「専用機」よりも「量産型」が好き。ガンダムでもどのモビルスーツが好きか?と聞かれたら間違いなく「量産型のザク供廚氾えるでしょう。
カスタムの元のなる量産機ですが、ATと同じでリールもやはり元の状態である程度ポテンシャルが高くないといじる意味はありません。現時点でZPI"がカスタムの対象としているリールというのはそういうポテンシャルの高い機種ばかりです。
それの更に”突き詰めたところ”を出すのがZPIの仕事です。
そういう点では、このキャップはZPIの原点を現わしてるようにも思えます。
この2種類のキャップはキープキャストのZPIブースで販売されるようですが、どちらも深いタイプなのでかぶり心地もバッチリですよ!
ご期待ください。

 
コメント
コメントする








    

selected entries

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM