チャプター池原第1戦!

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 18:55
こんばんは。
土日はチャプター池原第1戦に参戦するべく、池原ダムに行ってきました。

土曜日は今年のテーマでもある「自由にやる」ということで、白川筋、坂本筋、備後筋、ボディーウォーター、前鬼筋と広く浅く”適当に”ざ〜っと見て湖全体の雰囲気を身体で感じることに徹しました。
前日プラにもかかわらず、釣れたのはウグイ1尾のみ。

実は、これも昨年の12月末から先週まで継続しているパターンがあったので、それが受け皿になっている事がとても精神的に大きかったのではないかと思います。
とある特徴的なディープでほぼ湖全域の同条件の場所で釣れていました。
しかしながら、サイズは良くて800gまで、小さいと400gくらいということでキッカーパターンにはなり得ないのも分かっていました。
 そこで、前日プラの前の日から続く少し暖かい天気、雨などの要素を勘案して浮いてるバス(たまに見えます)を何とか釣る方法だけを考えれば良かったのです。
 
 さて、当日。
やはり風が弱く、こんな日は冬とは言えバスが見えたりするのが池原の特徴です。
そこで、前鬼筋のバスが一番よく見えていた場所にスタートしてから直行し、”ピクピク”でまず1本目のキッカーをゲット。
 その後、バスの反応が思わしく無くなってきたので、例の”受け皿パターン”に移行してまずはリミットメイクを優先することにしました。
”特徴的な地形”でダウンショットをズルズルするだけなのですが、すぐに2本釣れてリミットメイク。
あとはここから入れ替えをするだけなのですが、さすがにディープで粘っても効率が悪いと思い、20分ほど走って大きく場所を変えました。
 そこも、想像していたよりは風があり、少し苦労しましたが”ピクピク”で何とかバイトに持ち込むことが出来ました。
が…どうもこれだけは”向こうさん任せ”なところがありまして、上手く乗ってくれずに取り込むことは出来ませんでした。
まぁ、仕方がない。。。


この時期にエア抜き要らないバスって楽でいいですよね!
シャローのバスらしく柄もくっきりです。

キッカーフィッシュのおかげで”バースデーお立ち”を達成できました。欲を言えば勝ち損ねた!と言ったところでしょうか。
Revo MGX 2500SHが今回も活躍です。シャローのキロアップの強烈な引きにも全く腰が引けることなくやり取りできました。
ピクピクに使用したロッドは初代Fantasista STUDIOUSのFSS-67LSでした。いろんな理由があっての選択ですが、手持ちに他に選択肢が無かったので、今年はこのロッドがちょっと活躍してくれるのかもしれませんね。
 ディープは同じくFantasista STUDIOUS FSS-60XULS MGS。これはこの時期の定番です。シンカーは2.7gを使用しました。
 このように冬でも表層で釣れる池原ダム。なかなかこんなフィールドは無いんじゃないでしょうか?
とても楽しいですよ!
次戦は3月27日。残念ながら役員を務めるチャプター奥伊勢湖宮川(三瀬谷ダム)と2戦被って全戦出場が出来ないため、年間では無く1戦1戦勝ちのみを狙いに行く形になりますが、それはそれで良い緊張感があって楽しいですね。


そして、翌日月曜日はホワイトリバーにてボートのお仕事。
現在、空いた時間を利用してこちらのボート修理を任されていますが、釣り人視点というかメンター視点でボートのメンテをしております。「こうやっておいたら釣りしやすいだろうな」と考えてやっていますので、ぜひ池原にお越しの際はホワイトリバーさんをご利用ください。


池原ガイドも受け付けております!
2月の空き日は13日(土)、14日(日)、15日(月)、22日(月)、23日(火)となっております。
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。
注目のAbu Revo MGXRevo PRMを使って戴くこともできますよ!
 
 
コメント
コメントする








    

selected entries

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM