到着!Revo MGX2500SH

  • 2016.01.21 Thursday
  • 18:55
こんばんは。
先日、帰宅すると荷物が到着していました。
開けてみると…


高級感のあるケースに入っていたのは今年3月発売のRevo MGX2500SH
昨年から同時に発売されるRevo PRMは使っていましたが、これを手にするのは初めて。
まず、持ってみた最初の感想は・・・か、軽い!!!
今まではずっとスピニングは2000番のみを愛用していました。理由は単純に”軽いから”というのが主なところでしたが、2500でこの軽さは驚き。一人暮らしなのに思わず「軽っ!!」と言ってしまったくらいです。
スペック上の重量は185gとのことで、徹底した贅肉が削ぎ落されている感じです。
これなら、普通に2500でもいいんじゃない?って思える軽さ。
ちなみに、これには2000番もあるのですが、そちらはさらに10g軽いようです。

リールフットですが、2500番でも長くありません。以前は2000番と2500番では長さにかなりの差がありましたが、Revo MGXではおほぼ同じようです。女性でも「指が届きにい」といったことも無さそう。
なんとカーボンハンドルが標準装備!
見た目のカッコよさは皆さんも雑誌なんかで見ている通りです。
そうなれば、やはり回してみたくなるのが性ですよね?

というわけで、いきなりライン巻いてみました。
正直、巻き心地はセールストーク抜きに最高です!
本当に今までのAbuのスピニングには無かったフィーリングです!
Revo PRMが「固く剛性感を感じさせる”きっちりした”巻き心地」と例えるなら、このMGXはまさに”対極”。
「滑らか極まりない柔らかなでかつしっかりした巻き心地」と言ったところでしょうか。
軽さと高性能を両立させるとこういうカタチになるというAbuからの一つの答えだと思います。
それとは別にPRMはアルミボディによるタフさも売りなので、MGXとPRMでは使う現場で使い分けると言うのもアリかと思います。
 ラインキャパですが、このMGX 2500SHではナイロン6ポンドで100mということですが、写真ではVANISH Revolution 3ポンドを75m巻いてみました。ちょうど良さげな感じではないでしょうか?(同じポンドテストもフロロの方がナイロンよりもライン径が大きいので)
あとは、魚を掛けてからの巻き心地を試してみたい!
今週末は池原に行きますが、このリールに負荷を掛けてくれるバスに出会いたい!
今週末、池原近辺におられる方は触ってもらうことも出来ますので、いつでも言ってくださいね。


当ガイドでは、このような最新タックルに触れていただくことも出来ます!
080−1621−7122
いつでもお問い合わせください。お待ちしております!
コメント
コメントする








    

selected entries

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM