パワーチルト復活か?!

  • 2011.04.08 Friday
  • 17:53

オツカレっす!
そろそろ皆さん早明浦に集まり始めてるんでしょうね…
行きたいー!!!ケド、行けない〜!!!

20110408174624.jpg
コイツが原因だったっぽいです。
今日、ボート屋にモーターアッセンブリが届いたという連絡が来たので、引き取りに行ってきました。
新品を組み付けてみたら…チルトシリンダーはちゃんと動いてました。
あとは、エンジンブラケットに取り付けて、ちゃんとエンジンがチルト出来たら完了です。

しかしですねぇ、この写真のモーター…
今日あらためてバラしてみたけど、どこも悪いようには見受けられません。
ブラシはかなり残ってますし、コミュテーターの熔着も無い。
アーマチャーコアも焼けてる感じが無い。
けど、ちょっと回すとすぐにハウジングが熱を持ってきます。
ってコトは考えられるのは、モータハウジング(ボディ)の「微妙な変形」ですかね。
ハウジングの軸受位置がズレて、軸に抵抗がかかったまんま回るケース。
エレキでもよくあるパターンですね。
ちなみに、今回はモーターASSYが¥42,000、O−リングが¥1,500くらいでしたが、モーターハウジング単体だと¥25,000もします。すげー高い…
 今回の試合はちょうど中流にオイルフェンスがあって、エンジンをチルトアップしないと超えれないタイプなので、パワーチルト&トリムは超重要アイテムですので、背に腹は替えられません。
めちゃくちゃ痛い出費ですが、その分、試合頑張れそうです!

そうそう、そう言えば、マイナー好きの私にはピッタリ(?!)の計画が…

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM