自己記録更新おめでとうございます! 池原ガイド

  • 2016.06.16 Thursday
  • 19:39
こんばんは、今日は梅雨らしい雨ですね。
そう言えば、最近あまりゲリラ豪雨と言わなくなりましたが、ちゃんとしとしと降る雨が多くないですか?
昨年あたりもそうだったような…三重県北中部だけでしょうか?

さて、火曜日は池原ガイドでした。
水位はGWから比べると少し上がっていましたが、本来はいつも少し白濁りしている白川筋でさえ水深6mほどまでは丸見えの超クリア。
この日のゲストは関東からお越しのA様でしたが、初池原ということで私も気合が入ります。
ホワイトリバーから出船後、最初に又川のバックウォーターへ様子を見に行きますが全くバスが居ません…普通、ポストスポーンから回復したバスはベイトを追ってバックウォーター近辺で見えるんですけど、全くそんな感じがしません。
 したがって、白川大橋を過ぎた右岸を観察していくことにしたのですが、そこらじゅうにスポーニングベッドだらけ。どうやらイメージしていたよりも季節は進んでなかったようで。。。七色と同じですね。
 筋による差は無いのか確認のため、定番の前鬼筋のバックウォーターに移動すると、ほんの僅かですがたま〜に40アップを目撃することが出来ました。

幸先良く太った40をYABAI!!!ギークプロップで。
どうです?ロクマルとは言いませんが、綺麗なバスでしょ?このクリアな水でベイトを追いかけまわしてたバスですよ。
でも、まだこういうバスは数が少ないですねぇ。
とりあえず、第1ステップとも言える40はクリアしたので、次は長年壁となっている49.5cmを超える事が目標となってきます。
 そこで、狙いをポストスポーンのバスに変更して、ライトリグで少し深いところまでゆっくり探って行く釣りにしてみました。

こんな感じのナイスキーパー〜35くらいまでのが面白いようにいいペースで釣れます。
グラベルのバンクを釣ると、恐らくスポーニングベッドのオスと思われる目の赤いジャストキーパーサイズになってしまうのですが、その近辺の岩盤を6〜7mくらいまで1/32ozのネコリグ(マイクロクローラー4インチ コーラなど)でボトムを切らない(壁から離れない)ようにして丁寧に丁寧に落として行きます。
 スローで少し根気の要る釣りですが、良いペースで釣れてくれたので、ゲスト様も集中出来たようです。
Fantasista STUDIOUS 60ULSのおかげでちゃんとボトムの感触を得ながら出来たというのも大きいのではないかと思います。
シチュエーション的には、アウトサイドよりもインサイド、そして出っ張りよりもちょっとした凹みの出入り口、そして少し大き目のスタンプと沖目の立木があればだいたいどこでもいい感じで釣れましたよ。
 どういう訳か、同じ岩盤でもアウトサイドになると全くバイトが無い。やはりポストのバスってのは流れを嫌うんでしょうねぇ。
ものすごくはっきりと傾向化されてましたよ。

そして、遂に白川筋の岩盤で出ました!後は、これが自己記録更新になるのかどうかということですが、結果は…

ありました!50cm!
ホワイトリバー桟橋からまぁまぁ近いところだったので、桟橋にて計測しましたが、口閉じ尾開きでしっかり50cmジャスト!
遂に50cmに到達しました。
今まで何度もお客さんの記録更新シーンには立ち会いましたが、こういうのってガイド冥利に尽きます。
いつもながら、記録更新をプレゼントしてくれる池原のポテンシャルの高さには感謝です。
そして、重々しいジャンプにもめげることなく、バラさなかったゲスト様にも感謝いたします。
恥ずかしながら、私もバス釣りを始めてから50cmを超えるまで、何と19年も掛かっています(笑)
長らく49〜49.5cmという壁が突破出来なかったので、50cmに到達したときの嬉しさというのは本当によく分かります。
本当におめでとうございます!

その後もペースは崩れること無くまた40を追加して、結局終わってみれば50cmを頭に15本ほどとよく釣れた池原となりました。
実はこの日はバラシも一切無し。
オールレンタルタックルだったのですが、Fanatasistaを上手く使いこなしてくれたゲスト様には感謝です!
ありがとうございました。


今回のガイドのように、偏光グラスと帽子以外は全てレンタルタックルというプランもあります!
レンタル代はもちろん掛かりません。最新のAbu/Berkley製品をお使いいただけます。
身体一つでお手軽ガイド、いかがですか?
もう少し季節が進むとバックウォーターにデカイのがたくさん見えるようになると思いますよ!
ガイドのお問い合わせは080−1621−7122(北山フィッシングガイドサービス)までお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!

三瀬谷ガイド

  • 2016.05.25 Wednesday
  • 18:57
こんばんは。
先週は3日連続で三瀬谷。
そう、チャプター明けの月曜日もガイドのために三瀬谷でした。

この日のゲストは常連の中村さん。すでに5回目ですが、パターンフィッシング志向のお客さまです。
この日のテーマは、ベイトフィネスを中心としたカバー周りの釣り。
前日のチャプターの結果からしても、湖のシーズンの主流がポストスポーンなのは明白で、ちょうど良いかなというテーマです。
ポストのバスは、基本的にはカバーかストラクチャーに寄って休んでたりします。
それが、1段下なのか、シャローなのかはその日の水位や天候によって変わりますが、いずれにしてもスローな釣りで探って行くことには変わりはありません。
また、カバー周りをスローフォールするような釣りをすると”フライ守り”なんかも釣れちゃったりするので、テーマとしては悪くはないかなと。

 スタート後、ベイトフィネスによる2.2gのスモラバで流して行きます。
スポーニング場所近辺の縦スト(岩盤など)や、木などを中心に4mくらいまでを丁寧に落としていきます。
こういう釣りをすると、上手くいけばプリスポーンなんかも拾える可能性があったりしますが、さすがにこの時期にはプリスポーナーの反応はありませんね。
 そのまま何も反応がないので、ノーシンカーにシフト。

フォール中のバイトはなかなか取りにくいですが、上手く拾ってもらえて1本目!
やはり、こういう釣りの時はマイクロガイドが最高ですね。僅かなアタリも拾ってくれる。
ロッド:Abu Fantasista YABAI!! FYNC-62L MGS(レンタル)
リール:Abu Revo LTX-BF8L
ライン:Berkley バニッシュ・レボリューション 7ポンド
写真の背景の通り、かなりの満水でオーバーハングと水面の僅かな隙間を奥までピッチングで入れて行かないといけません。
最初は、まだベイトフィネスのピッチングに慣れていないと言うことで、レンタルタックルのYABAI!!の62Lを使って戴きました。手首の使い方、肘の位置などを少しずつ修正していき、徐々にですが、キャストが決まるようになってきました。
そんな難しい状況下での貴重な1本です。なんせ、トーナメントの翌日ですからねぇ。
この後、もう1本追加していただいて、私も1本釣り午前を終了。

お昼は安定のもみじ館。
この日も前日に続き、かなり暑く、お昼には30℃超えでした。
しっかり休憩を取って、午後もひたすらピッチング練習が続きます。
そして、もう1本を加えて終了。
釣果こそかなりシブかったですが、私のガイドは釣果はもちろんのこと、それ以上にお持ちかえり戴くのは「考え方」や「技術」です。ご自分で釣りに行かれた時に困らないようにするのが、私の役目だと考えていますので、とても基本を大事にしてガイドをしています。
そういう点では、三瀬谷はウィード以外の釣りは一通り経験できるので、いわば”教習所”的存在と言えるでしょうか。
関東で言うところの亀山ダムのような感じ。
まずは、三瀬谷で基本を学んで、池原に挑戦するというのもアリです。

実はですね、その翌日ですが中村さんご自身で別の場所で出船されたのですが、この日覚えたテクを復習したそうです。

そして「釣れました〜」というメッセージを戴きました。
すでにホローベリーの使い手としてかなり腕を上げておられるのですが、こうやってガイドで覚えた釣りを自分の引き出しの一つとして身につけていただけるのはガイド冥利に尽きますね。
ありがとうございました!


何故か写真がブレてますが、月曜日は三瀬谷のある大台町のお隣、大紀町にある阿曽温泉に入って帰りました。
この建物、何と元小学校です!
トレーラー引いたままでも駐車出来ますし、料金も500円とお値打ち。
中に入ると、これまた”学校でした”という感じの廊下がありますが、BGMの演歌とのミスマッチが”鄙びた温泉”感を演出してくれます。もみじ公園スロープからおよそ15分走ったところにあります。
三瀬谷上流のフォレストピアと並んで、好きな温泉ですね。
また、6月から大台町観光協会さん主催のSUP教室が始まります。
ご家族で三瀬谷に来られて、お父さんはガイド、その間にご家族はSUP教室というプランもお勧めですよ!



6月のガイド空き日ですが、下記の通りです。
11日、12日、13日(池原/七色のみ可能)
14日 池原ガイドご予約いただいております。
18日〜23日(池原/七色のみ可能)
25日(池原のみ可能)
26日(小森嗣彦と遊ぼうin池原)
27日(池原のみ可能)
となっております。
詳しくは080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。

 

7日の三瀬谷ガイド

  • 2016.05.12 Thursday
  • 18:29
こんばんは!
今日は暑かったですね。
三重県北部でも28℃ありました。
それでも、湿度が低くて風があったことで過ごしやすく感じたのは私だけでしょうか?

GW後半。池原から戻って来て、ステーサー390レイカーの船外機をエレキに換装し、7日の三瀬谷ガイドへ。
朝、到着してみると水位は超満水の81.92m…オーバーハングがオーバンハングってレベルを通り越して、完全に水に浸かっています…これはキャストが厳しくなるなと。
ゲストは昨年2回お越しになった澤田様。
何と、今年初めてのバスフィッシングとのことで、「とにかくバスに触りたい」ということでお申し込み戴いたそうです。そう言っていただけるとガイド冥利に尽きますね。ありがとうございます。
さて、スタート後にとりあえず当日の湖のコンディションを見るべく、ライトテキサスをキャストしながら下流へボートを流します。
 しかしながら、池原同様で大潮まっただ中にもかかわらず、スポーニングベッドを見ることはありませんでした。
ちなみに、ガイドでスポーニングベッドでプランを組むことはほぼありませんが、湖の季節感を掴むという作業の一環です。ゲスト様の「スポーニングベッドを見たことが無いので、見てみたい」というご希望もありました。しかし、それも叶わず…
水温は18〜19℃と高いのであってもおかしくないのですが、多少深いところにあってもライトテキサスで4mくらいまでをやって行けばオスに当たるかなという淡い期待もありました。
 また、スロープ横の”美味しいシャローフラット”でもボイルは無く、ベイトを追っているバスもほぼ居ないご様子。

ということは…そうです、池原と同じポスト(世間では「どアフター」と言うそうです)が湖の主流ということかと。
超スロぉ〜〜〜〜な釣りです。しかも、ちょっと深い6mくらいまでを意識しながら。
下流では風の無いクリークマウスを中心に、ありとあらゆる場所を模索しましたが、無な時間が続きます。
冠水オーバーハングの中へゲストさんに「突っ込んで」というのもかなり酷なので、”可能な限りオープンな場所”や”オーバーハングでも少し余裕がある場所”を細かく撃ってもらいます。
 いわゆる”美味しいインレット”も反応が全く無く、お昼前にスロープ上流へ足を伸ばすことに。


昼食前にようやく多度橋のクリーク入口の岬(と言っても、ほとんど水没してる)のインサイドで1本目。
ちょうど後ろに映っている冠水植物の一番先端側近くで釣れました。

34cmほどのポストちゃんと思われます。ご自分で購入していただいたAbu DECIDER DRS-62LS MGSへの入魂が無事完了しました。
 しかし、このバス、よく餌を食ってかなり回復していたのか、かなり引いてました。
ボートで沖まで出しましたが、姿を見るまでは40アップかというようなグッドファイター。
澤田さんも落ち着いたやり取りの中で、結構楽しんでもらえたようです。
このDECIDER(ディサイダー)DRS-62LSはこのシリーズで出ているスピニング3機種のうち、唯一のソリッドティップモデルです。2.7gまでのライトテキサスやジグヘッド、スモラバやネコリグにとても向いています。
吸い込む力がまだ弱い(目の前に来たものだけを”ふわっ”と吸い込むだけ)時期には重宝しますね。
 
それにしても、このスポットはメインチャネルに隣接した岬で逆ワンドのような形状になっていて、いろんな時期のバスが釣れるので便利なスポットですね。この時は水深2mほどのところでバイトでしたが、コンディションの良いバスが釣れて良かったです。

何とか2016初バス&ディサイダー入魂を達成したところで、三瀬谷の名所「もみじ館」へ。

いつの間にか”とんてき定食”が新メニューに加わっていました。
ちょっとお肉が薄いのでもう少しパンチが効いたボリュームだと嬉しいなというのが正直なところ。
本場四日市のとんてきは、「グローブ」と呼ばれるグローブ型にカットした厚切りロースを使うのが一般的です。
ダイエット中の身としては、ちょうど良い量でしたけど(笑)

さて、午後も午前中に周った中で目ぼしいところを中心に撃ち直し。
ネコリグ、スモラバも加えて本当にスローにズル引いてもらいます。
この「スローに」と言っても、人によっては感じ方が違うのでなかなか言葉にするのは難しいですね。
実は午前中にも他にいくつかバイトがあったのですが、私の「スロー」の伝え方がマズかったのかして、少し移動が早くて吐かれていたのではないかと推測していました。


ようやくこのサイズを追加(ちなみに、このサイズでさえ見えるレンジに居ません)
最後に、唯一あったベッド(これも22〜23cmほどの小型のオスが一生懸命守っていました)を観察して終了。
ベッドを見たことない人にとってはかなり新鮮に感じていただけたようで、少しは”バスの生態”を知ってもらえたかなぁと思います。
スローで焦れる展開になりましたが、最初から最後まで集中力を切らさずに釣っていただいて、本当にありがとうございました!

さて、このような感じで、三瀬谷の現状もかなりスローな感じ。
そして、見えるレンジのバスは皆無でクリーク内のバスも本当にたまに見かけるだけ。
そんなバスも午後に20cmほど水位が下がったためか見えなくなってしまいました。
でもね、この超絶的に濃いオーバーハングの奥には産卵疲れの身体を休めているバスや、稚魚守りも絶対に居ると思うんですよね。
それに手が出しにくいというのが何とももどかしい今の三瀬谷です。
ここから季節が進んで、バスが積極的にベイトを追ってクリーク奥やインレットやボディーウォーターのカレントがある場所に姿が見えるようになると、今よりももっとスピーディーな釣り方での釣果やサイズが上がってくるはずです。もう少しの我慢。
田植え時期の今にこそもう少し水位下がってくれないかな…

さて、明日からはTOP50開催の地、野村ダムでのプリプラに向かいます。
昨日の晩にある程度の準備は終えました。
しかしながら、ハイシーズンに釣りをした経験が無い場所なので、あれこれ持って行かなければならず、なかなかな荷物の量です。
それでもほぼ初めての場所なので、凄く楽しみ。四国なので三瀬谷や池原よりは季節が進んでくれてないかな。


三瀬谷のオーバーハング地獄を体験してみませんか?
「奥まで突っ込んでやるぜ!」なんていうチャレンジャー募集。もしくは、キャストが上手くなりたい方。
本来、三瀬谷は「初級〜中級者」コースなんですが、かえってオーバーハングなどない池原の方が楽かもしれません。
ちなみに、三瀬谷ある大宮大台から池原のホワイトリバーまでは1時間20分ほどで着いてしまいます。
アナタならどっち行く?
080−1621−7122(北山フィッシングガイドサービス)
三瀬谷・池原のガイドは上記の番号までお問い合わせください。お待ちしております!

4月22日の池原ガイド

  • 2016.04.26 Tuesday
  • 18:49
こんばんは。
先週木曜の晩から旅に出て、帰宅したのが昨日の夜。
とりあえず4月のラッシュは終わって、よやく少し落ち着きました。

その4月22日は、釣りビジョンさんの番組「つりステーション」の中のガイド紹介コーナーでもある”週刊 ガイドる!”をご覧
になられてWFGからご予約いただいた池原ガイドでした。
ゲストは、同じ地元の川原田様。池原初体験だそうです。
当日の池原の状況は、雨によって少し増水し、ここのところ低かった水位からは1mほど上がっている感じでした。水質も雨の後にもかかわらずクリア。
 6:50にホワイトリバーを出船し、まずは前鬼筋バックウォーター手前から上がって行きます。
ベイトフィネスにセットした、ミッドクローラー(スカッパノンブルーフレック)にネイルシンカー(1.8g)を入れて、ボトムをシェイクしながら4mくらいまで引っ張ります。シンカーが重目なのは、”確実にボトムを取りたい”というのと、ミッドクローラー自体がかなり高比重なのでボトムに立たせるには重いネイルシンカーの方が良い姿勢を保ってくれるという二つの理由です。

 しかしながらバスの姿も見えず、ベイトフィッシュも居ない…どういう訳か全く生命感が無い。
丁寧にやっているにも関わらず、全くバイトも無く、ほどなくして前鬼筋のバックウォーターに到達してしまいました。
 ここでも、不思議なくらいバスの姿は無く、水温を見てみると、ボディーウォーターが15.5〜16℃なのに対して、バックウォーターは13℃。
 雨によって、濁りというよりもクリアではあるが冷たい水が入って来てましたね。

そんな訳で川筋を捨てて、最下流部の北ワンドに移動。
こちらも岩盤を丁寧にネコで攻めますが、不思議なくらいバイトが無い。
すぐさま、南ワンドに移動して、ようやくゲスト様にファーストフィッシュ!

池原初フィッシュは30cmほど。アベレージが大きいのが池原の特徴ですね!
ほどなくして、

40ジャストサイズにパワーアップ!
そして午前の最後には、、、

出ました53cm!
あらら、初池原で50超えてしまいました。
下に向かってかなり突っ込まれてましたが、川原田さんも落ち着いてやり取りしてくれたおかげで無事に取り込めました。
直前にベイトフィネスから普通のベイトタックルに持ち替えてもらっておいて良かった!
午前をかなり長めに取ったので釣果はこの他にもう1本で終了となりましたが、初池原でいきなり50行ってしまうと、次からまた敷居が上がってしまいますね(笑)
川原田様、ありがとうございました!

その後、日曜日の和歌山での”つり祭り”を挟んで月曜に池原に戻ってきましたが、水温は16〜17℃で状況はかなり本格的なスポーニング期になりつつあるようです。
 ”お立ち台ボート”もかなり増えて来ました。
恐らく、今年のゴールデンウィークは大いに盛り上がることと思われます。
レンタルボートをご予約の方は、なるべくお早めに各レンタルボート店にお問い合わせください。
また、5月1日〜5日は池原ガイド予約受付中です!

北山フィッシングガイドサービス
5月1日(日)〜5日(木) 池原ガイド
5月7日(土)〜9日(月) 三瀬谷ガイド
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!
 

10月26日の池原は…

  • 2015.11.04 Wednesday
  • 18:50
こんばんは。
昨日も池原でガイドをやってきましたが、前回のガイドからかなり劇的に変わってましたね。

クラッシックの開催なんかもあったりしてようやく先週のガイドのレポートをすることが出来ます。

この日のゲストはFantasista STUDIOUS FSNS-60ULSDECIDER DRC-65M、DRS-62LSの3本で参戦の中村様。
初池原だそうです。水位はマイナス17mほど。かなりの減水。
白川でドロップショットからスタート。Fantasista STUDIOUS FSNS-60ULS兇朝から弧を描きます。

初池原バスは42cm!
いきなり敷居が高くなりました!

この日は私も実釣をしましたが、44cm。

Facebookで宣言通りのパワーホグ3インチですよ。Fantasista STUDIOUS FSNC-69LS BF MGSによる3.5gのライトテキサスです。やはり、池原では昔からパワーホグ3インチがよく釣れます。おそらく、リーダーレスダウンショットでも大丈夫だと思います。
朝から釣れればどれも丸々としたグッドコンディションで、44、42、40と3連発。しかし陽が昇ってからからはバスが散り始めたのかバイトが無くなりました。

そこから、ミドストに移行し、

中村さんもホローベリーのミドストで初ミドストフィッシュ。
DECIDER DRS-62LS MGSで0.9gのジグヘッド。
私も全く同じタックルを使って、自分の動きをコピーしてもらいました。
ミドストだけは口で説明するのがとても難しいので、やはりガイドに来ていただいて直接見ていただくのが一番良いですね。これから3月までがミドストを身体に覚えこませるのに一番良い季節ですよ。
最近、DECIDERの62LSをミドストでよく使うようになりましたが、かなり使いやすいです。適度な張りがありながら、ソリッドティップでちゃんと食いこんでくれます。
私もミドストで何本か釣り、夕方になりました。

ラストは同じく白川筋にて、Gary レッグワームのドロップショット。
このワームはとても特徴的で、本当に人によって使い方が違いますね。
私はFantasista STUDIOUS FSNS-60ULS兇烹魁ィ毅腓両し重目のドロップショットで使うのですが、イメージ的にはフットボールジグみたいな使い方です。それには少し強いロッドが必要なのですが、この60ULS兇ULという表記の割りには結構強いのでキビキビしたアクションをリグに与えることが出来、とても重宝しています。
これで、二人とも45cmクラスをバラシ…カーブフォール中のバイトなので、どうしてもおかしな場所に刺さってたりするんでしょうねぇ。二本とも魚体が見えていただけに勿体ない。。。
このような感じで、とても良いガイドになったかと思います。
中村様、ありがとうございました。

さて、こんな感じでクラッシックに突入するのかと思いきや、ここから更に減水が進んで行ってとても困難な状況になったようです。
まさかそれを昨日実感することになろうとは。。。只今の水位はさらにこのガイド時よりも3mほど少ない。ここまで減ったのは何年ぶりでしょうか。
また、昨日のガイドのレポートはアップさせていただきます。
明日の動画撮影は、その反省点を活かすことが出来るのか?!
明後日はガイド艇の船舶検査のため午前中にJCI鳥羽支部、7日〜8日はカーブの店カップのため池原。
行ったり来たりのタイトなスケジュールが続きます。


今月の池原ガイド空きは14日、15日、16日、21日、22日、23日となっております。
その他平日は下記の番号にご連絡いただくかホワイトリバーさんでご相談ください。
これからの時期はディープとミドストがメインになってきますが、ある意味1年で一番楽しい時期だと思いますよ!
080−1621−7122(北山フィッシングガイドサービス)

初秋の三瀬谷ガイド

  • 2015.08.26 Wednesday
  • 19:36
こんばんは。
皆さんのところは台風の影響はどうでしたか?
三重県北中部は凄い雨で国道が冠水。近鉄も白子から南が止まっていました。
車高の低いクラウンが冠水したところで止まっていたりと国道走るのも一苦労。
しかし、今日は打って変わって晴れました。おまけに蒸し暑い。

月曜日は三瀬谷でガイドでした。

ゲストは常連の中村さん。
この写真、空の色がもう秋っぽいですよね。
今回は、少し深いところのライトリグがテーマだったのですが、朝は秋っぽくてローライト、水温も26℃と最高水温期を過ぎていたためまずはクランクから。
ブリッツMRなどをDECIDER DRC-65M MGSで投げて行ってもらいます。
が、考えとは裏腹に全く反応なし。
ということでFantasista STUDIOUS FSNS-60ULS2 MGSでドロップショットリグに切り替えてバンク沿いは7mくらいまで、ディープは9〜11mを丁寧に引いて行きました。
ぽつりぽつりとは釣れるものの、サイズが全く上がらずに困りました。
午後からは少しメソッドを変えて、ノーシンカーも取り入れることに。

すると、少しサイズアップ!
この後も、ぽつりぽつりと拾って数は10本弱と言ったところで終了となりました。
全体的に、まだスローな釣りがメインの三瀬谷。
この台風でどうなったのかは霞ヶ浦のプリプラが明けるまで分かりませんが、恐らく水温はかなり下がったことでしょう。
ますます秋っぽくなっているのではないでしょうか?もう少し水温が下がれば巻きなどの速い展開も出てくると思います。
じれったい展開の中、最後まで集中していただいてありがとうございました!


明日から9月3日まではTOP50のプリプラのために霞ヶ浦に行っております。
9月のガイド空き日は下記の通りです。
7日(月)
9日(水)
10日(木)
11日(金)
12日(土)
13日(日)
22日(火・祝)
23日(水・祝)
24日(木・祝) ご予約いただいております
26日(土)
29日(火)
30日(水)
080−1621−7122(北山フィッシングガイドサービス)までお気軽にお問い合わせください

三瀬谷ガイド

  • 2015.08.18 Tuesday
  • 19:37
こんばんは。
お盆は自宅の作業をする予定でしたが、急遽ガイドのご予約をいただきました。
お電話いただいたのが、まだバスフィッシングを始められて間もない方だったので、これは行かない訳にはいかないでしょう!
ということで、16日に三瀬谷へ。
とてもありがたいことです!

この日のゲストは、県内からお越しのI様。
バスフィッシングを始められてご自分で試行錯誤されている中、偶然私のウェブサイトにヒットしたとのことでした。
この日のテーマは「とにかく釣る!」ということで、いつも通りもみじ館で落ち合って出船の準備。
ライトリグのタックルはFantasistaをレンタルでお使いいただくことにしました。
ところがですね、この日は何故かHDSの電源が全く入らず。直前の君ヶ野での使用までは全く問題なかったのに。
仕方なく、記憶と勘が頼りになりました。

この日の三瀬谷は、EL81.6mで超満水、濁りは弱く、曇りのローライト、無風、というコンディション。
水温は残念ながら不明ですが、水に触れてみると生ぬるい。
光量が少ないということで、最初はシャロークランクから始めますが、全く反応なし。
やはり、水が完全に止まっているとやはり巻いてもダメですね。
次にトップウォーターをやってみるもこちらも反応無し。表層近辺が高水温ということもあってかなかなか出ませんね。
かといって、満水のため、ビギナーにオーバーハングの下に入れて行きましょうというのも酷というもの。
そこで、オープンウォーターでも釣りになるような場所を中心に展開することにしました。
それも、リグもあれこれやっても仕方が無いので、ドロップショットリグに絞って、確実にボトムを取ってズル引きすることに集中していただきました。



スロープ近辺から下流へ向かい、大岩クリークのカドで1本目。ナイスキーパーの32〜33センチ。
魚探も使えないのでとにかくオープンウォーターの大場所ばかりをめぐり、午前中はあと6本追加して終了。
うち、キーパー以上のサイズが4本ほどでした。

もみじ館でのおいしいランチの後、午後便に出発。
この日、一番釣りやすかったのは、多度橋近辺。


ドロップショットと全く同じアクションで使えるスモラバで、この日1番のサイズ(40cmちょうどといった感じ)
よく引いてましたよ。
結局、午後は10〜11mのディープもトライしてバイトは多数出るのですが、なぜか乗らず。
という訳でディープもそれほど良い訳ではないようです。
この日は全体的に見えるバスは食いが悪く、ブラインドで少し下げたレンジ(見えない程度〜6、7mくらいまで)が一番良かったように思います。
結果は8本と、止水の三瀬谷にしてはまだ何とかしのいだかなという感じ。
水の濁りの程度はちょうど釣れそうな良い色なので、もう少し水温が下がったら巻物も期待できるのではないかな。
今年に入ってからダムの管理者が中部電力さんに変わったのですが、どうも満水のまま運用する傾向にあるようで、例年真夏に減水する三瀬谷とはちょっと違った様子です。
とても不思議な感じがする三瀬谷ですが、数は釣れます。
ビギナーの方が”釣りの基本”を覚えるには最初はとにかく数を釣って「釣る感覚」を身につけることですね。
私もそれのお手伝いが出来ればと思ってガイドをしています。
I様、ありがとうございました!

ドロップショットリグ(基本のセットです)
ロッド:Abu Fantasista STUDIOUS FSNS-60ULS
リール:Abu Revo NEOS2000SH
ライン:Berkley VANISH Revolution 3lbs
シンカー:2.7g

スモラバ
ロッド:Abu DECIDER DRS-62LS MGS
リール:ABu Revo NEOS2000SH
ライン:Berkley VANISH Revolution 3.5lbs
スモラバ:1.8g


24日(月)に三瀬谷ガイドのご予約をいただいております。
今月の空きですが、22日(土)、23日(日)、26日(水)となっております。
9月のガイド空き日は下記の通りです。
 5日(土) ご予約いただいております
 6日(日) ご予約いただいております
 7日(月) 
 9日(水)
10日(木) 三瀬谷で撮影です
11日(金)
12日(土)
13日(日)
22日(火)
23日(水)
24日(木) ご予約いただいております
26日(土)
27日(日) ご予約いただいております
28日(月) ご予約いただいております
29日(火) ご予約いただいております
30日(水)
080−1621−7122までお気軽にお問い合わせください。
初心者大歓迎。タックル類、ライフジャケットもレンタル出来ますので、手ぶらで来ていただくことも出来ますよ。
お待ちしております!


 

月曜日はWFGガイドでした

  • 2015.07.23 Thursday
  • 19:52
こんばんは。
台風12号ですが、日曜日に九州の西側を通るようですね。
当初の進路予想よりも西側にずれるようです。
九州の方は気を付けてください。特に台風の東側に位置する場所にお住まいの方は雨、風ともに注意が必要です。

20日の月曜日は初めてのWFGガイドでした。
ゲストは三重県内からお越しの小林様と山口様。
山口様は経験がある程度あるようですが、小林様はまだバス釣りを始めて1カ月ほどとのこと。
こういうビギナーの方に来ていただけるとガイドとしてはありがたいというかやり甲斐がありますね。
と言いたいところですが、金曜日に通過した台風の影響で湖はご覧の通り。

完全な泥濁り。前日に行われたチャプターでもウェイイン率は6割ほどとかなり厳し目の状況。
水温は25℃から一気に19℃まで冷却されてしまいました。
そのような状況下でボディウォーターを完全に諦め、僅かに残ったクリークに入ります。

ホローベリーから始めたところ、いきなり山口様に39.5cmの1kg越え!
ポストスポーンからの時期、バスは水面近くをかなり意識しますが、このホローベリーの表層高速トゥイッチは本当によく効きますね。バスが見えるレンジに居る9月中旬までの間は、まずはホローベリーから始めてみることをお勧めします。
この時は、まだ見えるレンジにバスが居ませんでしたが、表層でトゥイッチして誘うことによって「見えないレンジ」からバスが突然食い上げて来ました。
 バスを釣るにあたって、まず意識しなければならないことですが、「バスが自分のレンジよりも上を意識してるか?下(ボトム)を意識してるか?」をよく観察することです。バスが見えなければ”観察”にはなりませんので、表層で出なかった場合は「ボトムを意識してるな」という具合にボトムに釣りにシフトすれば良いだけです。
 その後、陽が昇って予想通り表層への反応が止まりました。
ここでネコリグにシフト。
 すると、また山口様に1本目と同様のサイズが。他に2本釣って前日の優勝ウェイトは軽く超えました。
状況の見切りや、具体的なアクションの付け方、ベストなセッティングなどはガイドに来ていただくとお見せすることが出来ます。なかなか文字では表現出来ない感覚的な部分が多いので、やはり現場で感じて戴くのが一番良いかと思います。
 このような「バスがどこを意識しているか?」というのを突き詰めると、これはハードルアーでも同じ事が言えます。
昨日ここで紹介した動画のラストの部分もこれを上手く利用したものです。
「釣れるルアー」などと良く表現されますが、それぞれの状況に於いて、一番都合の良いアクションをしてくれるルアー(ワーム)が”釣れるルアー”なんだと思います。
 ホローベリーはその点、とても都合の良いワームです。高速トゥイッチでも上手くドッグウォーク気味に首を振ってさながら表層のジャークベイトのような感じになります。
 時には、バスがこれを強すぎて嫌がるケースもあります。そんな時は、細身のホローベビーにしてあげると首振りが少ない直線的なアクションになります。表層の場合、大体この2種類があれば釣ることが出来ますね。

お昼休みを挟んで出船すると、いよいよクリーク奥まで強い濁りが入ってきました。
こうなるとどうしようもないのですが、

小林様が1本釣ってくれました!
サイズ的には”ナイスキーパー”の27cmほどのものですが、この濁りの中では貴重な1本となりました。
結果、お二人で6本釣って戴き、無事終了となりました。

今回はもう一つテーマがありました。
それは、満水状態によるオーバーハングが多い状況でいかにキャストするか?というものです。
ガイドをしていると、「遠くへ投げたい」と考えるからかフルスイング気味で腕を振る人が多いです。
しかし、実際は”小さなフォーム”で”ロッドに投げてもらう”方が楽に距離も出せますし、精度も上がります。
”ロッドに投げてもらう”という感覚ですが、「ロッド(スピニングの場合はティップ部)にルアーの重みを乗せる感覚」を意識すると良いかと思います。
それが身に着くと必然的にフォームはコンパクトになります。大振りしなくて良いので1日釣りしても疲れない。
ロッド自体も元々そのように設計されています。
ルアーに応じてタックルバランスを上手く合わせれば、キャストでストレスを感じることなく釣りが快適になります。
逆に変な癖を付けてしまうと、治すまでには癖が付くまでに要した時間と同じ時間が掛ってしまいます。
今回のガイドでは、その辺も理解していただけたので、そちらの面でも成功だったと言えるのではないでしょうか?
小林様、山口様、本当にありがとうございました!

私のガイドでは、とても「基本」を重視しています。
初心者大歓迎!
今回のガイドもタックル(Abu Fantasista STUDIOUS FSNS-60ULS)とライフジャケットはレンタルで使っていただきました。
最新のタックルを体験していただくことが可能です。
詳しくはWFG(ワールドフィッシングガイドサービス)まで!


 

三瀬谷ガイドレポート/明日から和歌山

  • 2015.07.03 Friday
  • 19:30
こんばんは。
昨日は三瀬谷ガイドでした。



マゴコロデザインさんが作ってくれたとても綺麗なガイド案内のポスター。A4サイズとA3サイズがあります。
三重県内のどこかで目に入ることがあるかもしれません。


朝6:30に出船。この日のゲスト様はハードルアーによる展開をご希望の澤田様。
水位は先週のチャプター第3戦時に比べるとおよそ1m減。流れは無く、水質はすこし良くなったかなという程度。
曇天無風ということもあり、スロープ近くのシャローフラットをシャロークランクで流してもらうも全く反応なし。
そこで、私が少し表層系を試したところ、反応を感じたのでゲスト様のお手持ちの中からPOP-Xを選択してキャストしてもらうと小さいながらも2本ほど釣ってもらうことが出来ました。
少し、移動しながらティンバー(倒木)などがあるバンクをそのままPOP−Xで流してもらうと40cmほどのバスがバイト!

が…フックアウト。「何故???」と思ったところ、どうやらベイトリールのドラグが緩かったようです。皆さんも釣りをされる時はベイトリールにしろスピニングリールにしろドラグ調整はしっかりしてくださいね。勿体ないですよ。

次に、雨が降り出し表層系の反応が劇的に無くなったので、スピナーベイトにシフト。
クリスタルSで各ティンバーを縫うようにして舐めてもらいます。
スピナーベイト、これは状況によりますが実にこういうシチュエーションでは強いルアーです。
私の持論では、スピナーベイトがただ単に水中を泳いでる状態で釣れるバスは恐らくクランクベイトのタダ巻きやチャターでも釣れるバスだと思っています。
しかし、ティンバーなどのややこしい障害物を舐めるように巻いてこれる物はスピナーベイトやテキサスリグくらいしか無いと言っても過言ではないと思いますね。まぁ、カバークランキングという特殊な技もありますが、ロストのリスクからするとローライトであればスピナーベイトがローライトのリザーバーでは最強でしょう。
話を戻します。
しばらくすると、かなり枝ぶりのいいティンバーをスピナーベイトで通していると・・・出てきた!
それもかなりのビッグサイズ。しかしながらミスバイトで上手くスピナーベイトを食ってくれなかった。
恐らくポストスポーンのバスだと思うのですが、まだ追い切れないのだなと感じました。
午前中は、このような感じで終了。

もみじ館にてランチを取ると、午後は午前の天気は一体なんだったんだ?と思うような晴れ間。かなり暑くなりました。
流れも相変わらず無し。
そこで、ハードルアーによる展開をきっぱり諦め、少し深めをネコリグで攻めてもらうことに。

最初はボトムを取ることに苦労されていましたが、慣れてきてようやくバスをキャッチとなりました。
どのような時でもそうですが、人間というのは「速い→遅い」、「重い→軽い」というのは実に習得に苦労します。
釣りとは関係ありませんが、音楽で言うとロックバンドなんかが最初のデビュー曲でノリのいい曲が多く、バンドが成熟してくるとスローバラードになるというような感じ。
澤田様には、状況に応じて1日で速い遅いと2種類の釣りを経験していただきました。
ストロングとは決して”巻き抵抗の大きいものを巻く”、”重いものを投げる”、”大きいものを投げる”では無いと私は考えています。状況によってはライトリグもストロングになる。バスの状態に上手く合わせてやることが「ストロングスタイル」だと考えています。
澤田様には1日でいろんな展開を経験していただけたかと思います。ありがとうございました!


終わってからはスーツに着替えて大台町観光協会様に冒頭のポスターを持ってお邪魔してきました。
大台町観光協会さんでは、三瀬谷ダムの湖面を地域振興のために有効利用しようということで最近ではSUP(Stand Up Puddle)の体験教室に力を入れています。
私も初めて河口湖で山木プロに教わった時は、まさか地元でSUPが見れるまでになるとはと思っていましたが、三瀬谷ダムをはじめ宮川ダムなど宮川水系の本流支流含めていろんな場所でSUPをされているそうです。
SUPはかなり新しいスポーツだと思いますが、若い方たちが中心になってかなり柔軟な考え方で町おこしをされているんだなと感じました。その中に三瀬谷のバスフィッシングも取り入れてもらえたらなと思い、自分も努力して行こうと考えています。
大台町観光協会さん、要注目です!


明日から和歌山入り。1年ぶりの合川ダム。
ディサイダー持っていきます。楽しみ!


 

三瀬谷ガイド・ホローベリーが始まりそう!

  • 2015.05.12 Tuesday
  • 19:04
こんばんは!
今日は台風ですね…三瀬谷ダムも水面標高が79.76mまで下がってかなりの大雨に警戒しているようです。
中心気圧はそれほど低くはありませんが、四日市もすでに雨が降ってきております。皆さんも気を付けてください。

さて、11日の三瀬谷ガイド。

晴れですが、かなりの減水。前日10日の水面標高は80.26mでしたがこの日は25cmさらに下がってきっとベッドのお父さんたちも家を追い出されて大変だったことでしょう(釣り人以外が読むとおかしな意味になっちゃう?)
朝の水温は19.3℃。前日の夕方から2℃ほど落ちています。
そんな中、ゲストに来てくださったのは愛知県からお越しの初顔の中村様。最近、入鹿池でご自分でエレキを購入されてボートでのバスフィッシングを始めたそうで、ご希望は「ライトリグの基本」とのことでした。

減水ということもあって、前日あまり思わしくなかったスロープ上流を一旦おいておいて、スロープから下流に向かって、減水時の定番とも言える垂直岩盤を撃って行きます。
リグはストレートワームの2.7gライトテキサス。
すると、前日はイージーだったのによほど減水が効いてるのかなかなかバイトが無い。私もディサイダー DRS-62LS MGSで同じライトテキサスを入れていくと、想像以上にバイトの位置が深い。。。というか沖目。(急深バンクの深いところなのでかなり沖に感じます)
水深で言うと、6m前後でしょうか。
とにかく岩盤から離さないようにロッドを横捌きで、スローにスローにズル引きしてもらいます。
すると、ようやく中村様に1本目。
キャストもなかなか上手できっちりショアラインぎりぎりに打ち込んでくれます。聞くと、小さなころからワカサギ釣りをされていたそうで、キャストの無いワカサギ釣りでも子供のころからやっていると何かしら役に立つことがあるのだなと感じました。
 しかし、ショートバイトな事もあって、いくつか途中でバラシ…勿体ない。

そこで、ダメ元でクリークの奥へ行ってみることに。
すると何本か見えるバスが居たので、もうひとつのテーマ「サイト」
そうです、ここでホローベリーの出番。
私が1本試しに釣ってみましたが、まだ数は少ないもののなかなか高反応。
というわけで、中村様にもホローベリーを体験していただいて、高速トゥイッチで追加。
さらにピクピクとこれからアーリーサマーでも使えそうなメソッドを体験してもらいました。

最後にドロップショットリグでこの日最大の30ちょいを釣っていただきました。
お昼を挟んで、最後にまたホローベリーで釣ってもらい、結果6フィッシュで終了となりました。
しかし、バイトはこれの倍以上あったので、もう少しタックルバランスが良ければ…というのが少し残念かもしれません。
中村様、本当にありがとうございました!
私も4〜5本釣りましたので、船中は10本以上。
現在の三瀬谷はサイズこそ伸ばすが難しいですが、数は釣れますしホローベリー祭りもそろそろと言った感じ。
14日は、その三瀬谷でTV撮影の予定ですが、はたして台風はどうなるのか?!
少し心配です。
では、また明日!
 

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM