マスターズ第3戦(霞ヶ浦)

  • 2016.07.26 Tuesday
  • 19:14

こんばんは。

昨日の夕方に霞ヶ浦から帰宅しました。

 

いや、今回の試合は本当にいろいろありましたよ。まぁ、疲れている間も無く次に向けて動いてますが、私みたいなタイプは疲れを感じる暇があるとダメなんでしょう。

 

マスターズ初戦13位、2戦目ノーフィッシュの5ptsで年間22位で迎えた今回の霞ヶ浦戦。

「勝つこと」を目標に定め、プリプラからいろいろとトライしましたが、なかなかこれと言った物も見つからず。

一つ分かった要素としては、「ショアラインが弱い」と言うこと。それのみ。

水位的にも低水位という訳でも無く、リーズ際などに居てもおかしく無いなと思えるんですけど、これだけはどこへ行ってもダメ。

そして、杭も弱い。

”勝つ”には程遠い感触の中で、何か感じて上手く転換することがあるのだろうか?

 

そんな不安と期待を抱えながら迎えた初日。

朝のランチングからトラブル発生です。

トレーラーを下げてもらうのを手伝ってもらったのですが、何と下げ過ぎで水中にある何か突起物にトレーラーが引っ掛かり、前にも後ろにも行けない状態に。完全にロックしてます。

船を下ろした他の選手も手伝ってもらい、アンカーでトレーラーを浮かすというアイディアでも左のフェンダーあたりが何かに引っ掛かって浮かない…

マリーナの社長と友人さんがユニックで駆けつけてくれたおかげで、比較的早急に対処出来ましたが、それでも開会式には間に合わずに初めて遅刻のペナルティ(¥2000)を払いましたよ。。。

お手伝いいただいた皆さん、ありがとうございました。

これからは自分で降ろすか、慣れた人にやってもらわないとね。

 

そんなバタバタした初日は、他の選手からおよそ20分遅れでのフライトとなりました。

後で考えたら、新ルールによって最後のフライトから30分遅れると失格になることに気付きました。危ない危ない。

 

プリプラと前日プラの結果から、とにかく「釣りをする時間をなるべく長く取りたい」ということで、最初に入った場所は北利根川のウィンディーサイドの葦前。

晴れて無風であれば、葦際、もしくは護岸(下はシートパイル)の際に着いてシェードが活きてくると考えましたが、当日は強めの北東の風ということもあり、また葦際はどの道弱い事が判明していたので、本来であれば葦際に居たバスとクルーズしながら葦を気にしてるバスがどこらへんに居るか?を考えました。

 おのずと、答えはファーストブレイクもしくは2ndブレイクということになります。

既にひしめき合っている選手の隙間でなおかつ葦前という都合の良い場所が運良く開いていたので、そこへ入りDEX CR55SR(ブルーバックチャート)をキャストして行きます。

 ロッドは、プロトのホーネットスティンガープラスのHSPC-651MS MGSというモデル。

ミディアムのソリッドティップです。

何故このロッドに行き着いたのかと言うと、実はプラからもう一つの要素を得ていました。

それは「横の動きの方が釣れる」ということ。たまたまノーシンカーのピックアップ時に追いかけて来たバスが居て気付いたのですが、少なくとも遅い動きよりも縦にしろ横にしろ速い動きが良かった。

 そこで、チャターやスピナベなどをいろいろと試しましたが、いまいちレンジがあってる気がしない。そこでDEXの出番となります。

 1stブレイクは20cm〜50cmくらい、2ndで1m〜1.5mくらいに落ちるんですけど、効率的にこの2つを上手く”舐め”たい。

 さらには、1回のリトリーブ中に「速い」と「遅い」を織り交ぜたかったというのもあります。これには理由がありまして、単一の速度で巻く選手が多いと思ったので差別化を図るという意味です。そして、速い→遅いの変化時にこのソリッドティップが上手くラインを張ったまま追従してくれてイイ感触だったというのが選択した理由です。

 まぁ、それが功を奏したかどうかはバスになってみないと分かりませんが、いきなりポンポ〜ンと2本のキーパーが釣れてくれました。どちらもリアフック1本で掛かっていたので、やはりこのソリッドティップが少しは効いてくれたのでしょう。

 

 しかし、そこでまたトラブル発生。ライブウェルバルブの故障で、ライブウェルの水がどんどん抜けて行ってしまう。。。

エンジンで走ると排圧によってすぐにカラになってしまいます。

 とりあえず、タオルを排水口に詰め込んで抜けを緩和はしましたが、エンジンでの長距離移動が封じられるハメに。

 

そうなると北利根川でリミットメイクするしか無いということで、陽が昇って反応が無くなったクランクベイトからフットボールにシフト。しかし、アタリはあるものの乗らない時間が続きます。

 そこで、「これでも速過ぎるのか」と考え、ネコリグのスイミングに変更(ロッドはFantasita REGISTA FRNS-67UL MGS)

これでかなり遅くリトリーブ(タダ巻き)し、ようやく3本目。

 変化を加えるためにダウンショットのスイミングに変更して4本目。

上手くブレイクで魚が拾えました。しかし、5本目は食いどころが悪かったらしくフックオフ。

不本意ながらも、意外に釣れてなくて20位スタート。

勝ちは難しいながら、何とかシングルなら狙える位置か?

 

ほっとする間も無く、潮来マリーナのウォーターギアさんにお邪魔して、フェンダーを突貫工事。

この写真を見ると「ハブ焼け」と思われて方もいるかと思いますが、水中の突起物のせいでフェンダーが凹み、船を積むとタイヤと干渉する状態でした。手際良く叩き直してくれた石塚さんには本当に感謝しております。

 

トレーラーも何とかなって、少し心の余裕が出来た2日目の朝。

滞りなく、朝のミーティングに出れるのが少し幸せに感じました。

 

しかし、そこから地獄が続きます。

初日の釣りは、少し他の選手と差別化出来ていたかなと感じていたものの、甘かった。

全くバイトが無い。いや、あっても乗らない(キャットの可能性も)

2日目は極端に時間も短いため、早々に北利根川を見切って本湖に移動。

風向きは初日と同じ強い北東〜北北東なので、「今日も浚渫にはパワーが無い」と考え、サブのパターンに取っていた東岸の各ドックのミオ筋(なるべく浅いと深いのメリハリがあるところ)をランガン。

 しかし、これも全くと言っていいほど反応が無い。

東岸は風裏ということもあって、意外にショアのシェードもあり得るのか?と考えて、葦の中に混ざる木の根っこでようやく1本目。

 そして、玉造〜井上のショア、ミオ筋、ドックの石積と駆けずりまわって、結局その1本のみで終了。

苦しんだための苦笑いですよ。。。560g1本でも単日40位。

総合は予想外に落ちていなくて23位。年間は22位→17位。シングルは狙える。

 

今回の偉い人たち。

皆さん印象に残るパターンでしたね。ここのところトレンドだった古渡の浚渫はやはり無し。

それだけに自分の釣りで構築しきれなかった詰めの甘さを思い知らされましたよ。

割り切りも大事ということです。

皆さん、おめでとうございます。

 

長々と書きましたが、マスターズは残り1戦。10月の寒い野尻湖。

こちらは比較的手持ちの釣りも多いので、上を狙えると思います。

 

帰る直前に気付きました。

ヒッチボールマウント曲がってるし。無理やり引き揚げる時に余程の力が加わったのでしょう。

こんな風になるのは初めて見ました。

快くヒッチボールをレンタルしてくださった、プロショップK‘s様、ありがとうございました。

おかげ様で無事に引っ張って帰ってくる事が出来ました。

 

これで、しばらくはプロ戦が中休み。

今週末は、ベリーさんのイベントが都合により延期になってしまったので、七色と池原へテーマを持って練習に行ってきます。

では、また明日。

ガイドスケジュール

  • 2016.07.20 Wednesday
  • 18:10

こんばんは。

今日も暑かった。夏なんだからそりゃ暑いのは当たり前なんですけどね。

というワケで、今日も霞に向けての準備。

とりあえずヘルメット買ってみました。

雨の日に困るんですよね。小馬力だとゴーグルでもいいんでしょうけど、60km/h超えると雨粒でも我慢出来ない痛さになります。

セーブフェイスの方が着脱は簡単かと思われますが、荒れた時にヘルメットの方が恐怖感が薄れるということで試してみます。

おそらく、音も薄れると言うことでだとは思いますが、とりあえずは当分試してみようかなと。

良かったらもっとカッコいいのにするかな。その前にお願いなので、あまり荒れないで欲しい。お願いします、霞ヶ浦さん。

 

さて、ここのところ全くと言っていいほど時間が取れないガイドなんですけど、今のところ8月14日(三瀬谷)と8月16日(三瀬谷)にご予約いただいております。

7月のガイド空きは30日(土・池原のみ)となっております。

8月は下記の通りです。

 1日(月・池原のみ可)

 6日(土)

 7日(日)

 8日(月)

11日(祝・三瀬谷のみ可)

15日(月・三瀬谷のみ可)

17日(水)

18日(木)

27日(土)

28日(日)

29日(月)

そして、20日から桧原湖なので、桧原湖ツアーでもゲストを募集いたします。

21日(日)〜25日(木)こちらは桧原湖のみとさせていただきます。

詳しい事は下記の番号までお気軽にお問い合わせください。

080−1621−7122

霞ヶ浦プリプラ

  • 2016.07.19 Tuesday
  • 19:49

こんばんは。

昨日の午後に茨城より帰ってきました。

TOP50は先日の七色から次の桧原湖のプリプラまで間が空きますが、今週末はマスターズの第3戦。

そのためのプリプラに行ってきました。

何せ、TOP50の霞水系戦とはエリアも違うためその下見ですね。

金曜〜日曜の3日間だけでしたが、広く浅く見たと言う感じ。

北浦はかなりデータもありますが、霞はまだまだで知らないところが多いです。

 

あちこちうろうろしながら(一応、夏場のキーになるハズの要素を踏まえて)、

全然プラとは言えない魚が釣れちゃったりして、、、Photo by センドウアニキ。。。

ビッグなゲストと濃いぃ〜話をしながらのプラとなりました。

しかしですね、この人、ルアーに関しての知識や考え方が凄い。私はどちらかと言うと”狭くちょっと深い”ですが、彼は”広くめっちゃ深い”と言ったところです。守備範囲が広い。イイ刺激になりました。

◆ノーシンカー

Abu Fantasista REGISTA FCR-70M MGS

Abu Revo LTX-BF8-L

Berkley VANISH Revolution 10lbs

 

そして、3月20日以来眠りについていたJavelin号もトリムシリンダーを修理してお目覚め。

機嫌良く走ってくれてましたよ。広大な霞ヶ浦では無事にスタートして無事に帰ってくるというのが大事。

金曜日からまた頼んだよ。

 

今の霞ヶ浦は、水温も27〜28℃と高温期ピークの一歩手前と言った感じ。

どうも昨年のマスターズ(私は出てなかったです)とは違う試合になりそうですね。

久しぶりにベイト中心の釣りなので、気合が入ります。

 

佐原では夏の大祭でした。

初めて遭遇しましたが、あの有名なでっかい人形の乗った山車が練り歩いてました。

おかげで1日風呂に入り損ねましたが、いい物見れました。

 

帰っては来ましたが、明後日からまた茨城です。

TOP50はオフリミットが2週間(10日)ありますが、マスターズは4日間。短いですね。

それまでの間に、出来る事は全てやって万全で迎えようと思います。

 

 

茨城に移動します

  • 2016.07.14 Thursday
  • 14:26

こんにちは。

7月はなかなかタイトなスケジュールです。

今週と来週はマスターズ霞戦のため茨城に行きますが、七色→霞ヶ浦はフィールドのタイプが完全に正反対で準備していく物もごっそりと入れ替わり。

 まずはロッドのFantasista。さすがにXULSとSULSは降ろしました(笑)

霞戦の時はいつもFantasista STUDIOUS FSNS-60ULS2 MGSをスピニングではメインに使いますが、これを軸にREGISTA 67ULとSTUDIOUS FSNS-62LS MGSの3本があれば十分に事足ります。

 あとは、ほぼベイトですね。

ラインもいつも衣装ケースに一式持っていくのですが、さすがにバニッシュ・レボリューションの2.5ポンドなんかは降ろしました。3.5、4、5、7、8、10、12、14ポンドを持っていきます。

 

先週の七色戦ではガンコな悪い面が出ました。

それは何故か?サイズを上げるためにはほとんどサイト以外方法が無いと分かっていながら、奇策に走って痛い目見たということです。

 試合は「王道と向き合うべきかどうか?」というのはいつも考えますが、逆に言えば策に溺れた試合というのは”王道と向き合うべき”試合だったということ。昨年の桧原湖戦の3日目と同じです。

 この季節の霞ヶ浦は一体何が王道で、どういった他と違う釣り方があるのか?この辺を見極めて来ようと考えています。

皆さんも週末には釣りに行かれる方も多いかとは思いますが、十分過ぎる程の熱中症対策をお忘れなく。

 

では、行ってきます!

TOP50第3戦

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 19:01

こんばんは。

ようやくPC前にて文章が書けますわ。

今週は既に霞ヶ浦(マスターズ第3戦)に向けての準備もあって昨日から動きっ放し。

自分にとっては休む暇なんぞ無い方がやりやすいんですけど、さすがに七色戦の最終日は皆さん帰った後にしばらくダウンしましたよ…

 やはり、最終日に陸上部ってのは逆に疲れますね。決勝に出ろってことですわ。

 

そのTOP50第3戦の七色ですが、ご存じの通り、初日に小森プロが7kg超というとんでも無いウェイトを出してきましたね。そして、ポールtoウィンです。ほんまに凄いですわ。としか言いようがありません。おめでとうございます。

 では、自分が見た七色はどうだったのかというと、、、直前プラもプリプラもさほど変わりが無かったように思いました。

まだスポーニングベッドもあるにはあるし、フライ守りも多少減ったとは言えまだ少し居る。そして、この時期特有とも言える40〜50アップの20本ほどのスクールが少し増えたかなと。バックウォーターの魚は見えるには見えるけど、特段グッドサイズが多い訳でも無い上にキーパー〜30ちょっとの奴でもかなり難しい。

 必然的にスクールのバスをサイトなり何なりで釣って行く事が必要になるのですが、直前二日間ではスクールの足を止める方法もこれと言って見つからず、たまたま立木で釣れた1kgほどのを元に掘り下げて行くことに。

 ちなみに、直前プラまでは晴れでかなり暑く、水温も27〜28℃とかなりの真夏度合い。

 

初日は、曇りからのスタートとなりました。

やはりバックウォーターを目指す選手が多いということもあり、自分はスタートが遅いこともあって、いくつかチョイスしておいたベストな立木を攻めるプランを変更することも無くスタートしました。

 釣り方は、ごくごく単純。某エコワームのノーシンカーを立木に向かってキャストし、延々待つ。放置。最低3分は放置。ヘタすりゃ5分は放置。

 そして、ず〜っとラインを凝視します。タックルは、Fantasista REGISTA FRNS-67ULRevo MGX2500SHバニッシュ・レボリューション3.5ポンド。

 「こんなライトなタックルで立木?」と思われるかもしれませんが、全て計算ずくです。

まずロッドですが、とにかくボートポジションを狙っている木から可能な限り離します。ボートの気配を感じ取られないためです。そのため、キャストの飛距離が必要になってきます。そこで、あの67という長さと軽い物でもキャストしやすいULというアクションが必要になってくる訳です。本来であれば、ピクピク用に導入したのですが、残念ながらピクピクには反応が今一つ(というか全然)で、こういう使い方にシフトとなりました。

 ラインも太いと距離が出ない上に少しでも張ってしまうとラインの気配がバイトを遠ざけてしまいます。かと言って、これ以上細いとキロアップが来た時に強引に立木から引き剥がせない…この相反する二つをプラからずっと試した結果、この3.5ポンドに行きつきました。リールがRevo MGX2500SHなのは、もちろん早く巻き取れるためです。

 自分が狙っていた特徴的な立木は湖に全部で6〜7本ほどあるのですが、プラのうちにノートに全て木の枝の向きや形をスケッチしておいて、どこにボートポジションを取ってどうキャストすれば巻かれること無く取れるのかというのも全て記録済みでした。

 長くなりましが、スタート後に入った木でしょっぱなからキーパーが釣れ、そこから750、600とすぐに3連発。天候のこともあってか少しサイズが小さいですが、それでも予定通り1本の木から連発します。これは非常に気が楽になりました。

 そして、また別の気に移動して、すぐにキーパーが2本釣れ、リミットメイク。

でも、問題はここから。想像以上にサイズが小さい。スクールを探しに行くのかそれともこのまま立木ランガン作戦で行くのか?

迷いましたが、とにかく600で揃えれば初日目標の3kgはクリア出来そうだったので、そのまま立木作戦を続行。

 キロアップが出るほどのパンチ力は無いが、それなりに連発するので細かい入れ替えを繰り返して、最終的に最後の木でまた連発して1本600ちょっとのが入って終了。

 微妙な表情なのは、思ったほどウェイトが伸びなかったことによります。

ちなみに、全部で15本以上は釣りましたが、あのタックルバランスで巻かれ切れやバラシは1本も無し。

初日も後半は弱い雨が降りましたが、それでも釣れたので「2日目は雨の予報だけど持つのではないか?と考えてしまったのが行けなかったのかなと思います。

27位。思ったよりも釣れてる試合になってるなと思いましたね。まぁ、1名のみ初日から宇宙に行ってしまった人も居ますが…汗;

 

明けて2日目。

土砂降りです。

初日帰着間際に通った池原放水口では18〜19℃ほどの池原の冷たい中層の水が大量に放出されていました。

本気の土砂降りの中、初日に手を付けなかった木からスタート。しかし、反応が無い。「放水口から一番近い立木だから影響を受けているな」と考え、最下流に移動。

 そして、何とかキーパーをキャッチ。その後、初日に最初に入った木に移動して2本キャッチしますが、全くパワーが感じられない。そこから、延々ノーバイトが続き移動を繰り返します。

 立木というシチュエーションは、ピーカンの時に一番機能します。シェードを形成し、その上でロケーション的にカレントが当たる場所にある(そういう場所の木をセレクトした)のが理由ですが、この日は全く裏目。

 仕方なく、普通にバンクのドロップショットのカーブフォールに切り替えると、これまた数は凄く釣れるのにサイズが200g前後のものばかり。サイズを上げるべくDEX SC63Fを巻いてみるも、これまた釣れてくるサイズは同じ。言いようによっては”雨パワー”と言えるかもしれませんが…

 結局、グッドサイズが混じること無く終了。

2日目のお魚写真は無し。1500gちょっとというローウェイトで単日47位。そして、総合は36位という成績で予選落ちとなってしまいました。

 今回は釣り自体が二日間全くノーミスだったので、プラン自体が柔軟性に欠けた試合だったと痛感しています。「これで釣りたい」という欲に負けてしまったということです。やはりその日の良い魚はその日に探さないとダメという当たり前の事をしなきゃいけないですね。

 

 そのノーシンカーの釣り方ですが、とにかく精度良く立木に投げ込み、本当にあとは延々待つだけです。

もちろん、カレントがある場合なんかは少し上流側に意識してキャストします。

ラインは一切張りません。ダルダルです。アタリもロッドで取るのではなく、ラインを凝視してラインが少しでも違う動きをすれば、スラックを巻き取って思い切り合わせてあとはゴリ巻きです。

 バスであれば、キロアップでも意外と簡単に木から出てきます。また、オフセットフック(RYUGI ホビット#1)を使いましたので、根掛かりもありません。

 バイトが無ければ、違う角度から投げ込みます。1本の木で360度の中からいくつか投げ込める角度がありますので、あまりこだわらず、1キャストのみで角度を変えて行きました。まぁ、1キャスト3〜5分なので、それくらいでないと他の木が打てません。

 また、その日のGPSのズレ(気象条件で左右されやすいです)は桟橋で必ずチェック。

今回は先端が水面から出ていない木をセレクトしたので、これにズレがあるとノールックパスみたいな意味の無いキャストになってしまいます。

これから夏のピーカンでどうしようも無い時期なんかには使える釣りだったりするので、少し気に留めておくと活きることもあるかと思います。

 

年間はまた少しズリ落ちて26位。苦手なリザーバーのポストで5ptsでなくて良かったとプラスに捉えて、次の桧原湖ではもっと柔軟さを意識してもう一度上昇したいと思います。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

 

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM